FC2ブログ
08
<< >>

This Archive : 2006年08月13日

毎日晴天!シリーズ ~ 菅野彰/二宮悦巳

2006.08.13 *Sun
原作は菅野彰さんの小説で、その後に挿絵の二宮悦巳さんがコミックス化もしている人気シリーズです。
初めは二宮さんの絵に惹かれて数冊購入してみたのですが、これが見事にハマったですよ。
「ひとつ屋根の下」を彷彿とさせる大家族ほも物語で、全体的に描写はライトです。
でもそこはかとなく漂う色っぽい雰囲気が、何とも心地よくて、たまにはこういうのもいいなあと思わせてくれます。
やっぱり日本人はモロ出しより、チラ見え文化ですからね。
あえて描かないことのエロチシズムと、下町の大家族設定がとってもジャパニーズテイストだと思いました。

原作小説は現在11冊が刊行中で、雑誌にはたまに新作が載ったりしているので、まだまだ続いているようです。
私もコミックスを読んだだけで、原作はまだ1冊目の途中なので、まだ色々と感想を言うのはアレなんですが、ざっと確認した限りではコミックスと原作の世界観の乖離は非常に少なく・・・と言うか、全くないと言っていいほどの一心同体な作品ですので、どちらから入ってもらっても大丈夫かなと思います。

帯刀家の面々。


舞台は一女四男の帯刀(おびなた)家。
両親はすでに他界しており、自由奔放な鬼の長女・志麻は失踪中のため、長男の大河が家長として、帯刀家の切り盛りをしてます。
これがすっごいあんちゃんぶりで、まさに江口洋介タイプ。
次男は大学生の明信、三男はボクサーの丈、末っ子は高校生の真弓という家族構成です。そこに志麻の結婚相手として同居することになった阿蘇芳秀(あすおう しゅう)と養い子の勇太。そして志麻の暴走族時代の仲間である花屋の木村龍が、主要登場人物になるかと思います。

その中で大河×秀・勇太×真弓・龍×明信のカップリングがメインなのかな・・・ちらっと読んだところで勇太×秀テイストなシーンもあったような。
たぶん勇太×真弓の子供カプが人気がありそうなんですが、私は大河×秀の大人カプがじれったくて好きですね。
いい歳して全然先に進めない二人(周りが邪魔をする事も多い)が、逆に初々しくって良いんですよ。これが。
中身は意外とこちらの方が子供かも。

襖の向こうで盗み聞きされた上に、こんな感じで邪魔される・・・。
20060813b.jpg

まだ読破していないため細かいところがレビュー出来ないのですが、このシリーズ、あったかストーリーに見せかけて実はとんでもなくシリアスです。
普段はやかましいただの男所帯というだけなんですが、一皮むけば全員がそれぞれの苦悩に苛まれ、息をするのも苦しくなるような、そんなトラウマを抱えながら生きています。
読んでいるとその息苦しさが伝わってきて、BL的な表現が少なくてもちゃんと読めるストーリーだという点では、なかなか秀作だと思います。

ただ一家ほぼ総ほもの帯刀家では、唯一のノーマルである三男・丈だけが子孫を残せる可能性が高いので、ぜひ彼にはかわいいお嫁さんが見つかればなぁと・・・。
だってあとは全員ほもなんだもん。ありえねー!
あ、でも志麻姐もいきなり子供を連れて帰ってきそうですけどね。

濃いものばかりで疲れたなぁ、と思ったときに、これらのシリーズはおススメです。
ぜひ☆


追記 : 読んでる途中の「毎日晴天!」1巻を、実家に忘れたようです。ありゃま・・・あれほんのりほもだから、きっちり読まないと内容は分からないので、良かったですよ。
ふう。
スポンサーサイト
COMMENT (4) 

ブログご案内

乱菊

語ってる人 : 乱菊

njustaway.gifjustaway-gold.gifjustaway-silver.gifjustaway-gold.gifjustaway-darumaotoshi.gif

ある日突然BLに目覚めてしまった初心者腐女子の萌記録。
ただいま腐女子4年生。

レビューは最近b_88_31.gifさんとこで書いてます。
ここではもっぱらニッキとかメモとか覚え書きばかり。
タイトルに偽りありです。
ほんとすいません。


⇒ ☆ 購入 ☆
⇒ ☆ レビュー ☆

※リンクフリーではありません。
また全ての相互リンクをお受けするわけではありません。



BLに目覚めて



カレンダー

07 ≪2006/08≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@



プルダウンリスト



コメントありがとうございます♪



イラッシャイマセ


アクセス中♪



ちょっとええ言葉

砂漠が美しいのは
どこかに井戸を隠しているからなんだよ



アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
(フランスの小説家)



レビュー1000本ノック計画

【258本目】←ちるちるレビューへ

※下記はちるちる未レビュー含む最近読んだ本


乱菊の今読んでる本



ページ内ランキング



早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活



Copyright © モエガタリ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
ブログパーツ