05
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
21
23
25
27
29
31
<< >>

This Archive : 2007年05月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌レビュー「CIEL Tres Tres」編 ~ 2007年春の号

2007.05.30 *Wed
「ワガママだけど愛しくて」だけが読みたくて購入したトレトレ春の号。
でも改めて目次を見てみると・・・あら意外と知った名前がたくさん載ってる。
さっすが角川だねえなんて思ってました。
ちなみに『すべて読みきり!』という謳い文句のようですが、そうでもないような。
純粋な読みきりはないような気が( ・3・)

表紙はピンクでみなみ先生。カワイイ作品が多いです♪
DSC0077104.jpg DSC0077203.jpg



「東京・心中」扇ゆずは
芸能事務所社長×新人タレント
“actⅥ”って、やっぱり続き物じゃ・・・ボソ。
あれだけドキドキしているくせに、恋だと自覚しない受け。
どれだけ鈍感なんだよキミは。
実はこの方の描く受けが全く男に見えないので、そこが少し苦手だったりするのだ。
でも背中から抱きしめる図は・・・ちょっと萌えた。

「ワガママだけど愛しくて」樹要
ナツ×秀のラストエピソードだそうで。
ラスト・・・なの?(´Д⊂ヽ
ナツに横恋慕していた小野はもちろんただの当て馬でした。
でも小野とだったらナツは受けだよね。
それはそれでコレマタなかなか・・・。
今回は秀が積極的で、そしてナツが男っぽくて良かったにゃ~。
同級生なのに大人と子供のようなふたりがツボなの。
きゅんとする。

ナツ・乙女Ver(*゚ー゚)


「いきなり生徒会!?」つたえゆず
オレサマ生徒会長×にゃんこちゃん
やっぱり“actⅦ”って続いてんじゃんねえ・・・。
カプ設定は嫌いじゃないけど、短すぎてよくわかんない。
絵は低年齢層向け少女漫画風味で、好みとしてはギリギリなところ。

「社交男子!」天城れの
社交ダンス部・部員×部長
相変わらずのアホ設定がれのさんらしい。
忘れられなかったライバルが実は身近にいてしかも好きかも・・・なんていう王道も、れのさんだと清々しく読めるような。
眼鏡をはずすしと鬼畜になっちゃうのも、れのさんなら許せる。
しかし受けの顔は美人さんで好きなんだけど、攻めがすごい馬面だな~なんて。

「きらいきらいもスキのうち。」果桃なばこ
最終回。
能面な生徒会長に翻弄されまくる受けちゃん。
なばこさんは絵が正直苦手だったんだけど、このお話はちょっと好きかも。
この方はリーマンものより学園ものの方が読みやすい。

「ルキン・フォー・マイ ファンタジスタ」藤生
シリーズの番外編らしい。
なのでさっぱり内容がわからないんだけども・・・藤生さんはファッカーズで大好きになったので、とりあえず読んでみた。
自称スーパー高校生の榎本のぐだぐだっぷりと、富士原の余裕っぷりがすごいスキかも。
特に単純一途のエノケンがいいキャラ。
思わず藤生さんにエノケン好きをお伝えしてしまった♪

「キス イン ダークネス」つげ雨夜
幼なじみの高校生カップル。
第1回。
この方は初めて読んだんだけど、線の細い感じのあっさりした画風は私の好み。
攻めの紘一が暗所恐怖症になったのは受けの篤のせいもあって、その後ろ暗さから紘一を拒めないのか、それとも本当に好きだからなのか・・・そういう微妙な心理描写はいいよね。
ただ初エッチが唐突かつすぐに終わっちゃったので、なんとなく消化不良ぎみ。
次回に期待。

「純情ロマンチカ」中村春菊
すごい人気作品ですよね、コレ。
読まなきゃと思いつつまだでした。
世界観も人物相関もよくわからないのにけっこう面白かった・・・既刊をチェックせねばと思った。
年の差とか、ウサギさんの俺様ぶりとか、美咲の気の強さとか、けっこう好きな要素はゴロゴロ転がってたなあ。

「迷える庶民に愛の手を」みなみ遥
VIP×奨学生
実は大好きだったりするみなみ先生の新作。
お得意の学園(全寮制)もの。
学年一のVIPである御園生に、小間使いのように扱われる庶民の吉良という定番の主従関係。
今は反発心しかない吉良だけど、すぐにあはーんとなってしまうんだろう、きっとそうだ。
だってみなみ先生だし。

カコイイ×カワイイ。
DSC0077302.jpg

「くされ縁の法則」神葉理世/吉原理恵子
タイトルを聞いたことはあるような。
神葉さんの描く男の子は顔はかわいいくせに、意外と体つきがしっかりしているので好きなの。
空さんにそんなことをコメントしたらば「手が男の子ぽくてイイ」と言われて、ハッ!とした。
本当だ、けっこう無骨な感じが男っぽいなあ。
もうひとりの幼なじみ・翼のことを“ツッくん”と呼ぶ龍平がかわいくていい。
大型ワンコだねえ(´∇`)

手にばかり注目してしまいましたよ。
DSC0077401.jpg
スポンサーサイト
COMMENT (6) 

Atis collection 『あしたのきみはここにいない』 ~ 崎谷はるひ/山本小鉄子

2007.05.28 *Mon
先日何気なく読んで大興奮!だった『あしたのきみはここにいない』
待ちに待ったドラマCDが届きました♪
鳥ちーです。
ワタクシ初めてのちー受けですよ。
ええと・・・届いてから今の今まで、時間の許す限り聴き続けてます。
通勤の間はもちろんのこと、これ聴きながら昨日は寝ました。
宮田さん以外でこんなにヘビロテしたのは久しぶりって言うくらい、聴いて聴いて聴きまくってます。
もうねえ、ちーちゃんすんげーいいの!
もうびっくりしたよ、可愛すぎなのえろ過ぎなの(*´Д`)/ヽァ/ヽァ

聴け!
みんな聴け!
ちーたんの喘ぎを聴いてしまえ!

ミオ ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
以下、キャスト。

三尾朝陽(鈴木千尋)
北原史誓(鳥海浩輔)
三尾夕奈(武田華)

変態教師・北原の魔の手に堕ちたミオたん。


北原役の鳥海さんは色んな作品で耳にしていたので、私の中ではわりとお馴染みボイスなんですが、ミオ役の鈴木千尋さんは今回初聴きでした。
ちょっと高めの上擦った声がすごーく初々しくって、もう私うっとりしながら聴いてましたよ。
聞くところによると最近のちーちゃんは絶叫系らしいので、今回は随分と抑えめ芝居なんでしょうか。
これがデフォルトじゃないのなら・・・残念。
え~と宮田さんが子猫ちゃんなら、ちーちゃんは子犬って感じです。
いいんです、私がわかれば(汗)

作品全体としてもとてもしっとりとした静かな印象で、原作どおりほぼミオとセンセイの二人芝居。
しかも濡れ場と言えば最後の1回だけで、その他はほとんどチュウとお触りのみだと言うのに・・・だと言うのに・・・強烈にエロい!
まったく漫画を読んだ時と同じ感想です。
そういう意味でも原作に忠実なつくりだなあと思いました。

絵を見ただけでふたりの声が再生されるくらい聴いたにょ(´∇`)
DSC0076301.jpg

そして原作でも表記の違いがあった「三尾」と「ミオ」。
もちろん鳥海さんもちゃんと使い分けしてました。
初めは「三↓尾↑」。
そしてふたりの関係が近くなった時から「ミ↑オ↓」。
鳥さんはもう完璧というか出来上がっているというか、変態教師を堂々と演じてらっしゃいましたよ。
この人はいつも器用な人だなあ~という印象です。
周りは彼のファンが多いんですけども、私的には普通・・・かな。
いやいつ聴いてもとっても巧いなあと思うんですけども、これは好みの問題つことで( ・3・)
だってわたくしミヤタスキーですからね。フフ。

でも今回ちーちゃんには本当やられました。
もともと作品がお気に入りということもあるのかもしれませんが、もうミオのイメージがぴったりで・・・。
息が震えてる!ナニコレちょっとえろいんだけどAV?って思うほど、素敵でしたよ惚れましたよ。
正直、喘ぎ以外の普通の芝居部分は特別巧いとも感じなかったんですが(まあ並・・・です)、いったんエロスイッチが入ると目が覚めるようなミラクルを放ってくれるんです、千尋氏(*・ω・)
宮田さん以外では今年一番ツボったですよ。ええ、ええ。

特典のアフレコ台本。


ちーちゃん、ものっすごいワード数が多いです。
DSC0076902.jpg

フリートークは旧知の中のふたりなので、すご~くリラックスした雰囲気で、だらだらと10分近くもじゃれ合ってました♪
つか・・・フリトのちーたんは非常に早口ですね。
そして鳥さんはいつものごとくダラダラゆるゆるしてました(笑)
あら、ちょっと太・・・った?
気のせいかしら、どうかしら。

この作品、漫画・CD・小説・脚本の4種類で、いろんな側面から楽しめる仕掛けになってますので、ハマるとかなりおいしいです。
ええ、ワタクシかなりハマってますから。
あとは小説と全サの小冊子を待つばかり~。
今晩も聴きながら眠ることにします♪

だんだん見慣れてきました、声優さんの顔。
DSC0076202.jpg
COMMENT (17) 

西洋骨董洋菓子店・番外編(2005年 ― 2006年) ~ よしながふみ

2007.05.26 *Sat
長らく間があいてましたが・・・
2000年~2001年発行分2002年発行分2003年~2004年発行分に引き続き、2005年~2006年発行分の簡単レビューです。

相沢さんにケツを叩かれ、やっとこ最新分アップ~♪
いや、下書きにはある程度用意してたんですよ。
しかし日々色んなフォモに翻弄されすぎて、あちこち手を出している内に数ヶ月が過ぎてました(*゚ー゚)テヘ



「七夕の夜」 2005.8.14
 ~結局僕は また君に恋をしてしまった~
DSC0043505.jpg

橘の独断で商店街での夏祭りに参加することになったアンティーク。
全員(従業員+でこ)が橘の着付けで浴衣にお着替え。
つか本当に何でも出来る男ですよね・・・橘って。
別れた彼女とスペインにでも行ってたら、スペイン語もフラメンコも即マスターでしょう、うん。
そんな感じでなんとなく平穏な雰囲気が流れていたんですが、やはりそうは行かないようで。
小野は橘が何気なく発した言葉で、橘のことが好きだった昔の感情が一気に逆流し、それと同時に千影のことがある限り、もう二度とその気持ちを伝えることすら叶わないと知り涙を流します。
一体誰が悪いんだろうか・・・。
普通の高校生であった橘が男の小野に好きだと言われて罵倒したのが悪いのか、それがトラウマになって人と真剣に向き合わなくなった小野が悪いのか、それともただ小野を甘やかせるだけの千影が悪いのか。
うーん・・・誰も悪くないよね。
みんな可哀相だなあと、読み終わってしんみりしてしまいました。


「そしてかくも平穏な日々」 2005.12.30
 ~そうだね 帰りにどこかでごはん食べて行こう~
DSC0043604.jpg

「七夕の夜」の次の日のお話。
昨晩かなり恥ずかしい場面をエイジに見られてしまった小野は、店に向かう足取りもやや重く・・・。
しかしあっけらかんと小野とのふたりだけの秘密に喜ぶエイジに、小野はやや拍子抜けしてしまいます。
やはり前半はほのぼのですね、前半は。
一方、橘は千影が小野と外で食事すらした事がないことを知り、怒り心頭の面持ちでご出勤。
小野と千影は結局、橘の見繕ったお店で夕食をとる羽目になるのですが・・・橘よ、キミは世話焼きばあさんかい(;´∀`)
そしてそんなふたりを見ながら、小野が千影を本当に好きなのかと疑問を抱くエイジはさすがですよ、鋭すぎます。
その温度差は人前で顕著に現れるもので、好きを隠さない千影に小野はだんだん逃げ場を失っているような、そんな感じもしたりして。
本当を飲み込みながら笑う小野が、いつかまた崩れてしまわないかしら・・・と、またもやしんみりしてしまったお話でした。
ちなみにこの本の小野がビジュアル的には一番好きです。
あまりゲイゲイしくないから。


「橘という男」 2006.8.13
 ~なぜだかほんのり甘い気持ちで 僕は彼女を抱きしめていた~
DSC0043703.jpg

アンティークで見習い店員として働きたいと言い出した楓子。
初めは強烈に拒否していた小野なんだけども、髪も切って、身体の線も出ないようにして、そこまでして小野に気を遣うでこちゃんを追い返すことは到底出来ず・・・バカだけど懸命な部分は父親譲りなんだね(´Д⊂ヽ
ところがでこが橘のお嫁さんになると言い出した辺りから、風向きは不穏な方向へ。
そんな考えを諦めさせる為にとわざと冷たく接する橘に、完全に畏縮してしまうでこちゃんが痛々しくてたまりませんでした。
なんと言うか・・・本当に橘は常識人なんですねえ。
やる事なす事が言う事がいちいちもっとも過ぎて、だから私はイライラするんだと思います。
そんなのは漫画の中で言われなくったって、充分に判ってますからね。
そこをズバリと言わせるのは、よしながさんの手だと思いますけども。
でもこのお話は小野が人間的に成長してるよ!という発見もあり、ちょっぴり嬉しくなっちゃったんですけどもねえ。
長い間、橘に固執していた自分をやっと解放しつつあるのかなあと・・・そしてきっとそれは千影の影響なんだろうなあと。
いい傾向だと、読み終わってほっこりしてしまいました。
やはり橘×でこでFAなのか・・・。


「そっとしておいて」 2006.12.30
 ~その晩は とてもとてもよく眠れた~
DSC0043802.jpg

いくら百戦錬磨の魔性のゲイだと本人は豪語しても、実際は恋愛の「れ」の字も知らない子供じゃないの小野って・・・と思わされたお話。
そしてこんな些細な事までも作品として昇華してしまうところが、なんともよしながさんらしく、ほくそ笑んでしまいました。
「そしてかくも平穏な日々」でも小野は恋人と外で食事すらしたことのないというエピソードがありましたが、今回も小野の乏しい恋愛経験が露呈してました。
この人、数だけで中身はスカスカの恋愛をしていた・・・と言うか、身体を繋げることが恋愛だと思っていたんでしょうねえ。
いちゃいちゃ触れ合うのは前戯だなんて・・・んなアホな。
それこそ挿入しなきゃセックスじゃないと思い込んでいる節が垣間見え、キミそりゃあ中高生の感覚だよと私はツッコんでしまいました。
しかしよくよく考えてみれば、橘にこっぴどく振られたあの時から小野の心は動けないわけで、そう思うと恋愛に対して幼稚な考えしか持ち合わせていないのも、ちょっとは理解できたりもするのですが。
今回ばかりは(不本意ながらも)橘とエイジの意見が合ったようで、好きな人とはただ触れ合っているだけでも幸せなものだという結論を叩きつけられる小野。
その晩、何もしないでただ抱き合っていた小野と千影に、すごいじん・・・としちゃいましたです。
しかし・・・西洋骨董もそろそろ終わりに近づいているのかしら?
小野が魔性じゃなくなったらこのお話も終わりだよねえと、ふとたまに思うのですが。
どうなんでしょう。
COMMENT (6) 

全サ全プレ懸賞メモ

2007.05.24 *Thu
せっかくアホほど雑誌を買っているのだから・・・と思い、気になるものはメモっておくことにしました。
ただ自分が興味のあるものだけなので、全てを網羅しているわけではありませんが、良かったら参考になさってくださいませ~♪


【全】2007年8月31日(金)〆 ⇒ 11月上旬~下旬発送予定
Chara8月号
キャラ文庫 番外編小冊子

・8月号の応募用紙に、6月or7月刊キャラ文庫の帯についている小冊子用応募券を2枚貼付
・1000円分の無記名定額小為替

計1080円(1000円+80円)



【全】2007年9月30日(日)〆
6/8発売「ファインダーの虜囚」
やまねあやのオリジナルラフ画集

・「ファインダーの虜囚」巻末の応募台紙に、新装版ファインダーシリーズのカバー折り返し部分についている応募券1冊分を貼付
・1500円分の無記名定額小為替

計1580円(1500円+80円)




☆【全】「仔羊捕獲ケーカク!」ドラマCD

☆【全】「愛してないと云ってくれ」ドラマCD(シャレード)

☆【全】「SASRA」小冊子
COMMENT (4) 

雑誌レビュー「花音」編 ~ 2006年 9月号

2007.05.22 *Tue
ちょっぴり気になる作家さんが、ちらほらと見つかった9月号。
小粒な印象なんだけどくっだらないものからかわいいものまで、バラエティに富んだ号だったかなと思いましたよ☆

もういくつかコミックス出てますよね(。・ω・。)ノ
DSC0075403.jpg DSC0075502.jpg



「完璧な恋人」夏川りつ
部下×上司
SM雑誌を見つけられたぐらいで、後輩の言いなりになんてなるんかいな?と思ったけども、無意識にそうしたかったのかしら・・・Mだから。
受けの眼鏡と髪型がイマイチ好きになれない感じ。
だけど続きはとりあえず気になる。

「恋愛の神様に言え」高井戸あけみ
高校生のツンデレ同士
まだ序盤なのでカップルとは言いがたいかも。
絵は正直好みじゃないのに、すごく読みづらいと思ったのに、不思議と続きが気になるお話。
小学生の頃に出た水泳大会で、どうやらふたりは出会っていたらしいんだけども、それを覚えていたのは片方だけ。
すごいぶっきらぼう同士なので、甘い展開にいけるのかしら?

「ワルイコトシタイ」桜賀めい
第2回
予想通り受けの永遠はすごく乙女でしたよ。
攻めの帝の一挙一動が気になって仕方ない。
それに振り回されて、怒ったり落ち込んだりしている様は、まるで普通の少女漫画のようで。
前号でも思ったけども、永遠の兄ちゃんズはやはり間違いなくオススメキャラ。
それが見たいがために読んでいるようなもの。

「ラストパートナー」日輪早夜
いきなり後編なので、何が何だかさっぱり。
でも日輪早夜さんは好きなので、無理矢理に読んでみた・・・けどやっぱりお話がよく解らなかった・・・残念。
それとアクションシーンに速さや切迫感が全く感じられず止まって見えた・・・残念!

「夜の骨牌」本仁戻
「探偵青猫」シリーズ。
初めて読んだので人物相関がイマイチ把握できなかったんだけど、だけど何度も読み返してしまった。
作品の雰囲気はレトロで大正浪漫風味。
女言葉しか使えない洵クンが儚げで、それでいて毅然としていたのがとても気に入った。
他のキャラもなかなか癖がありそうで面白そう♪
ぜひコミックスでチェックしてみたいと思った。

「オールシーズン」さかもと麻乃
高校生カップル。
読みきり24P。
ページ数もページ数なので、ありがちツンデレラヴ。
でも絵が可愛くてちょっと好みだったので、あらいいじゃないコレなんて思ったりして。
山本小鉄子テイストのJ系なふたりでした。

すげーツンデレなのこいつ。


「のぼせてます」紅蓮ナオミ
リーマンカップル。
先輩×後輩。
く・・・くだらない・・・(;´∀`)
日射病で倒れた後輩を公園で休ませているはずだったのに、何故かアオカンしてました。
屋台で買ったかき氷で色んなところを冷やしつつ・・・ホントくだらない。

「スイートゴースト」彬りか
大学生カップル。
幽霊ホテルでの肝試しの最中に、ひとりはぐれてしまった天然な受けちゃん。
探しにきた攻めに急に告白されちゃって、廃屋エッチ。
え?なんで?

「夏蜜絵日記」ユキハルコ
小6×高校生(気持ちがね)
読みきり16P。
あれだね、BLってやっぱり嗜好がモノを言うんだね。
絵は正直さっぱりなんだけど、自分の兄に叶わない恋する、そんな人を好きになっちゃうオコサマ設定が好き。
すごい好き。
将来が楽しみなんです、こういうのって(〃∇〃)

「BANZAI WEDDING」いつきまこと
社長×秘書?
激しくくだらん・・・。
久しぶりに逢えたふたりは興奮を抑えきれず、自家用ヘリコプター内でおっぱじめてしまうんだけど、その振動で機体は損傷。
そしてビルへ激突。
・・・終了。
しかしここまでくだらないと1周回って面白いかも。
ちなみに全員かすり傷だと思う。

「俺の胸で咲け」藤川るり
最終回。
カリスマフラワーアーチストが超絶キザ男でひっくり返りそうになった。
決め言葉は「俺の花になれ」(´-ω-`)フシュ~
攻めも人間なんだから、もっとかっこ悪くて汚いとこがなきゃなあなんて思ったですよ。
完璧な王子様タイプにはあまり興味がわかないんだよね・・・。

「このやるせない3センチ」篠原栄
高校生カップル(バスケ部)
青春真っ只中の王道ストーリー。
受けの顔が好みだったので星ひとつ追加。
攻めの「ごめん俺 お前のこと好きなの」って台詞は結構好きかも♪

私は頬を染めてる男子が好きなの・・・か?
DSC0075701.jpg

DSC0075801.jpg
COMMENT (12) 

腐女子の私がキョドる瞬間バトン

2007.05.20 *Sun
ええと・・・mikuさんちから奪ってきました。
しかもバトンでもありません。
ええパクリですよ。
パクってる上にちょっとアレンジしてます。
軽く著作権侵害ですね、すいません。
でもmikuさんは許してくれる・・・よ。(ね?)



1.「趣味は?」と聞かれた時
『漫画とアニメと声優』と堂々かつ淡々と。
たいてい気を遣って「どんなのが好きなの?」と聞いてくれるんだけど、「いやあ聞かないほうがいいですよ」と不適に笑うと、そこで会話は終了。

2.「休みは何してる?」と聞かれた時
『起きて、漫画読んで、ネットして、ご飯食べて、アニメ観て、ネットして、漫画読んで、ご飯食べて、漫画読んで・・・気づいたら明け方とか?』と正直に言うと、普通の人はもれなく引くのでよく言ってやります。

3.携帯見られた時
常に好きなキャラの待ち受けです。
なので積極的に見せてあげたいくらい・・・。
現在はロミジュリ4パターン(1時間ごとに変わる)。
ストラップのはちんこについては「これなに?」と質問があれば「コスプレちんこ」と答えるようにしてます。

4.急に「今から部屋に遊びに行ってもいい?」って言われた時
いいよ!
むしろ来い!
そんな気分です。
でも腐の恥ずかしさはないのですが、普通に整理整頓が出来てないので、急はやっぱり無理ですね。
掃除さえしていればいつでもどうぞ♪

5.職場でノートパソコンが必要な時
壁紙がヒカ碁ですねえ・・・しかも同人絵。
でもキレイだから平気(。・ω・。)ノ
あ、咎狗アイコンも鎮座されてますねえ。
つか、会社用PCの壁紙が基本的に漫画・アニメ関係です。
今はHOLiCの白黒モコナたちですよ。

6.日本橋探索の目的を聞かれた時
40代以上・・・「漫画です」
30代以下・・・「同人誌です」

7.遊びに来た友人にBLゲーをDVDソフトと間違えられた時
「勇気があるならやってみ」と嫌だと抵抗しても、無理矢理見せたい気分です。
ちなみに後輩に咎狗を貸そうとしたのですが、激しく拒否られました。

8.「私ブログやってんだ~」って言われた時
やっていることは明かすけど、URLはさすがに明かせないです。
どうしてもと言うのなら、BL本何冊か読んでもらってから(;´Д`A ```



えと・・・基本的にキョドりませんね私。
ただ交通事故とかで不慮の死は避けたいと思ってます。
自分で腐女子を明かすのには抵抗ないのですが、勝手に腐女子部分を見られるのはかなりの羞恥プレイ(´Д⊂ヽ
私がいなくなって、家族や他人が腐まみれの部屋に踏み込むと思うと・・・それはかなりキョドる事態ですねえ。
たぶん地縛霊になってしまうと思います。

そんな心配もあり、せめて整理整頓はしておかなきゃと思っていたところ、okapiさんと空さんちで似たような話題が出ていたので、私もやっと重い腰をあげることに・・・。
とにかく各部屋に放置していたものを和室に集めました。
しかしですね。
もう入らないんですが、本棚に。

どっちゃり・・・(  Д ) ゚ ゚


しばらくこのまま放置予定?
DSC0073506.jpg
COMMENT (17) 

あしたのきみはここにいない ~ 崎谷はるひ/山本小鉄子

2007.05.18 *Fri
以前から好みの絵だなあと思っていた山本小鉄子さん。
今回何気なく読んでみたのですが・・・ビンゴ!ヽ(゚Д゚)ノでした。
いやあこういう出会いがあるからBLやめられないんですよねぇ。
以下、あらすじ一部抜粋。

高校3年の三尾朝陽(みお・あさひ)は、教師・北原史誓(きたはら・ふみちか)と秘密を共有している。
鍵をかけた社会科準備室で、放課後一時間だけキスをして気持ちいいことだけをする。
やさしく、でも踏み込ませないで交わされる秘密―。
「いつかきっとぼくを忘れる」そう意味深に呟く北原。
そして一方通行のせつない恋に朝陽は・・・!?

意外と強情っぱりな受け子なのだ!
DSC0071904.jpg DSC0072003.jpg

お話は先生×生徒の年の差カプで、王道中の王道。
誰にも言えないふたりの関係がどう進展してゆくのか・・・という、正直そう目新しさはない設定です。
でも所々でドキッとさせてくれるんです、これが。
就寝前に読んでいたのでお陰で目がさえてしまいましたよ、まったく。
そして目覚めの1冊にも最適でした♪

まずいいなあと思ったのが、キス。
けっこうな頻度でその描写はあるんですが、お触りも込みででけっこうやらしいです。
全体的に露骨な描写は少ないものの、このチュウだけでワタクシ充分に満足でした。
だってすごい色っぽいんだものー(*・ω・)(・ω・*)
そもそも私はちんこ丸出しよりも、チュウをやらしく描いてくれる作家さんのほうが好きです。
わりと文字だとしっかり書き込まれているんですが、絵だとどうしてもインパクトの強い絡み絵の方が多いような感じがしてます。
別に多感な時期って訳でもないので、裸絵ばかりだと飽きちゃうんですよね・・・(枯れているわけではナイ!)

おいなんだよ、この寝顔 |∀・).。oO(ミオ…)


そしてどんなに冷たくされても、折れることなく北原への愛情を貫いた三尾が抱かれるシーン。
作品中唯一の絡みなのですが、ここここコレがまた北原がさらりとえらい台詞を吐いてくれてます。
こういう言い回しって崎谷先生のカラーなんでしょうか。
私は好きです。
このコマで、この台詞で、この時点から、北原という男がたまらなく好きになりましたから。

抱かれることの意味を ちゃんと分かってる?
ぼくを君の中に入れて
きみのおなかの中に射精して
男の子なのに
本当なら一生しなくていいことを
覚えさせてしまうんだよ

それがどれだけすごいことか
本当にミオ 分かってる?


これ絶対に好き嫌いが分かれると思います。
ここでこの台詞をかまされると、ちょっと興醒めしてしまう方もいらっしゃるはず。
でも私は一気にテンション上がりました♪
そこからの北原は、今まで抑えていた三尾への気持ちを爆発させるように「孕ませたい」とか「キズモノにしたい」とか「全部ぼくのものにする」とか、もうすごい求愛ぶり。
恐らく三尾に捨てられたら自ら果てるか、犯罪者に走るタイプですね・・・こりゃ(;´∀`)

その後の北原の束縛ぶりは、三尾じゃないけどちょっと引くよ・・・。
でもそれもまた良し。
何だかんだで三尾もまんざらでもないようで、ちゃんと将来を見据えて籍を入れることや、介護のことまでも口にしてます。
いやあ・・・数十年後の介護のことまで考えてる受け子は、漫画では初めて読みましたよ。フフ。
でも北原が足腰立たなくなるまでは、だっこしてもらうらしいです。
つかね・・・だっこ好き同盟を発足したいくらい、実はだっこ大好きです。
いいよね、だっこ(*´Д`)

だっこー!だっこー!
DSC0072102.jpg DSC0072301.jpg

えー。
5/28にはドラマCD(鳥海×鈴木)、7/17には崎谷先生の小説が出ます☆
小説の方はその後のふたりを描いた続編も収録とのことなので、絶対に買う!
そしてドラマCDは予約した!
ゲロ甘に変貌した後の鳥さんを早く!
はあああ、なんだかすごく楽しいなあ~(((´ω` *)
COMMENT (25) 

購入予定リスト【05/16~】

2007.05.16 *Wed
購入予定リストっていうよりも・・・欲しいなあって指をくわえて眺めるリスト。



― 欲しいもの ―
【コミックス】
01/10◆「つまらない男」山本小鉄子/610円
03/10◆「甘いてのひら」村上左知/600円
03/29◆「大人のネコミミ」/890円
03/29◆「子供のネコミミ」/890円
04/24◆「あしたのきみはここにいない」山本小鉄子/620円
05/09◆「ドキドキレンアイ」山本小鉄子/630円
05/18◆「オトメン(乙男)」菅野文/410円
05/23◆「b-Boy Phoenix 6 擬人化特集」/890円
05/30◆「恒久の在り処」サクラサクヤ/630円
06/01◆「悩むほどなら恋とよべ!」富士山ひょうた/588円

06/01◆「SEX PISTOLS 1」【新装版】寿たらこ/650円
06/01◆「春を抱いていた 10」【新装版】新田祐克/620円
06/04◆「BLEACH 28」久保帯人/410円
06/08◆「夢見る星座」草間さかえ/600円
06/13◆「夜と星のむこう 1」今市子/880円
06/19◆「エロほんv」/980円
06/27◆「あかないとびら」鈴木ツタ/590円
06/28◆「ルールそのいち 完全版」村上左知/660円
06/30◆「是-ZE- 5」志水ゆき/580円
06/30◆「SEX PISTOLS 2」【新装版】寿たらこ/620円
07/25◆「17才の密かな欲情」【初回限定版】高久尚子/680円

「FLOWERS」宮本佳野
「ノット・ラブ」宮本佳野
「ディア・グリーン」富士山ひょうた
「瞳の追うのは 1~2」富士山ひょうた
「リスタート」日高ショーコ
「足りない時間」日高ショーコ
「ワガママだけど愛しくて 1~4」樹要
「性別が、ない! 1~2」新井祥

「性別が、ない! 3」新井祥
「ほしがりません!勝つまでは」樹要
「4月4日。」樹要
「OH!MYメイド」樹要
「セルフポートレイト」【新装版】樹要
「ロストボーイズ」樹要
「月宿る」樹要

「完全無欠」樹要
「泥棒と刑事」樹要
「大安吉日」樹要
「キミのとりこ」村上左知
「恋人みたいに愛してよ」村上左知
「メモリーポケット」村上左知

「プライベートレッスン」村上左知
「ソフトロマンティック」村上左知
「僕の気も知らないで」村上左知
「君に好きと言ってから」村上左知
「春を抱いていた 1~9」【新装版】新田祐克/各620円
「僕の声 1~2」新田祐克/各620円
「私と王子様」星野リリィ/600円
「月光のらんかんにくちなしの匂い」高久尚子/620円

「熱情 1~4」高久尚子/各560円
「うつむく視線」高久尚子/680円
「恋愛言語学」高久尚子/680円
「西町診療所の秘密」高久尚子/610円
「フロムイエスタデイ」高久尚子/630円
「恋と罠」山本小鉄子/630円
「恋はGO GO!」山本小鉄子/610円
「ブラザーズ 1~2」山本小鉄子/各620円
「右手に銃、左手に愛」山本小鉄子/620円
「春を抱いていた 11」【新装版】新田祐克/620円
「春を抱いていた 12」新田祐克/620円


【小説】
06/19◆「エロとじv」/1100円
06/19◆「FLOWER」【新装版】木原音瀬/893円
06/30◆「牛泥棒」木原音瀬/900円
07/17◆「あしたのきみはここにいない」崎谷はるひ
08/22◆「吸血鬼と愉快な仲間たち 2」木原音瀬/900円

「きみがいなけりゃ息もできない」【新装版】榎田尤利
「死にゆく夏の、喘ぎにも似て」菅野彰

【CD】
02/23◆「子供たちの長い夜 毎日晴天!6」菅野彰/5040円
03/30◆「失恋マニア」葛井美鳥/3150円(伊藤×福山・星野×宮田)
03/30◆「難攻不落な君主サマ」真崎ひかる/3150円(大川×遊佐)
04/15◆「新妻きらきら日記」雪代鞠絵/2800円(井上×宮田)
05/25◆「公使閣下の秘密外交」新田祐克/3150円(浜田×森川)
05/25◆「世界の果てで待っていて ~天使の傷痕~」高遠琉加/3150円(黒田×鳥海)
05/25◆「夜の帳、儚き柔肌」鈴木あみ/3000円(森川×岸尾)
06/06◆「片翅蝶々」雪代鞠絵/3000円(平川×吉野)
06/25◆「やさしく殺して、僕の心を。」神奈木智(堀内×岸尾)
06/27◆「ラヴァーズ・レッスン」和泉桂/3000円(森川×岸尾)
06/28◆「honey」雪代鞠絵/3001円(杉田×下野)
06/29◆「愛欲トラップ」藤崎都/3150円(浜田×岸尾)
06/29◆「羊でおやすみシリーズ ~ ずっとそばにいるよ」/1575円(遊佐浩二・伊藤健太郎)
07/25◆「妖精学園フェアラルカ ~双子のシルフにご用心~」南原兼/3000円(福山×下野・子安×宮田)
07/25◆「仄かな恋の断片を」DUO BRAND./3150円(小野×下野・三宅×鈴木)
08/31◆「仔羊捕獲ケーカク!3」南かずか/3150円(森川×宮田・置鮎×福島)

「Marginal Prince Songs2.2 -Mikhail Nevsky-」【初回特典:フリートーク入り】1800円
「ミックス★ミックス★チョコレート」星野リリィ/3150円(中井×鈴村)
「異国色恋浪漫譚 1・2」やまねあやの/各2701円(諏訪部×伊藤)
「ワガママだけど愛しくて 1~3」樹要/各3150円(福山×下野)
「愛で痴れる夜の純情」樹要/3000円(平川×緑川)
「ほしがりません!勝つまでは」樹要/2940円(岸尾×鈴木)
「君も知らない邪恋の果てに」樹要/3000円(大川×下野)
「月宿る」樹要/3000円(平川×福山)

【同人誌】
「それからのアンティーク2」よしながふみ
「秋冬コレクション」よしながふみ
「学校の周辺」よしながふみ
「あなたとはじめて会った頃」よしながふみ
「この先知ったこっちゃない」よしながふみ
「WILD LONELY KIDS」よしながふみ
「毎日晴天!EX.1」菅野彰

【雑誌】
05/31◆「週刊モーニング 2007年 NO.26」/300円
06/14◆「Dear+ (ディアプラス) 2007年 07月号」/620円
06/14◆「小説 b-Boy (ビーボーイ) 2007年 07月号」/680円
06/14◆「花音 2007年 07月号」/670円
06/20◆「小説 Dear+ (ディアプラス) ナツ号」/720円
06/22◆「Daria (ダリア) 2007年 08月号」/690円
06/28◆「コミック AQUA (アクア) 2007年 08月号」/750円
06/28◆「BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2007年 08月号」/690円
06/28◆「mellow mellow (メロメロ) VOL.2」/788円

― 5月中に届くもの ―
「マザーファッカーズ~底辺BL作家の日常」藤生
05/07◆「GUSH (ガッシュ) 2007年 06月号」/690円
04/03◆「なかよし 2007年 05月号」/450円
05/01◆「なかよし 2007年 06月号」/440円
05/01◆「CIEL Tres Tres (シエル・トレトレ) 2007年 06月号」/580円
05/07◆「MAGAZINE BE×BOY (マガジンビーボーイ) 2007年 06月号」/590円
05/09◆「小説リンクス 2007年 06月号」/750円
05/10◆「アクマのひみつ」高永ひなこ/600円
05/10◆「恋するメイド少年」CJ Michalski/620円
05/10◆「あの角を曲ったところ」川唯東子/600円
03/19◆「脱がない男 上」【新装版】木原音瀬/945円
04/19◆「脱がない男 下」【新装版】木原音瀬/893円
05/31◆「都立魔法学園入学案内」星野リリィ/2600円
05/25◆「フラワー・オブ・ライフ 4」よしながふみ/556円
05/29◆「シグナル」日高ショーコ/590円
「愛で痴れる夜の純情 禿編」樹要
「激愛アラカルト(2)」葛井美鳥/903円
04/27◆「羊でおやすみシリーズ ~ 僕らの声で・・・」/1575円(石田彰・保志総一朗)
05/25◆「羊でおやすみシリーズ ~ 眠ったらいいんじゃない」/1575円(諏訪部順一・大川 透)
05/18◆「WEED」【新装版】木原音瀬/945円
05/18◆「札束は愛を誓う」バーバラ片桐/892円
05/25◆「私と猫と花の庭」月宮零時/590円
05/22◆「小説Chara (キャラ) VOL.16」/680円
05/28◆「あしたのきみはここにいない」崎谷はるひ/3000円(鳥海×鈴木)

05/14◆「花音 2007年 06月号」/670円
05/14◆「小説 b-Boy (ビーボーイ) 2007年 06月号」/680円
05/14◆「Dear+ (ディアプラス) 2007年 06月号」/720円
05/10◆「VOiCE Newtype (ボイスニュータイプ) 2007年 06月号」/980円
05/12◆「Hug (ハグ) 2007年 06月号」/780円
「純情 1」富士山ひょうた
03/22◆「RuTiLe (ルチル) 2007年 05月号」/680円
05/22◆「RuTiLe (ルチル) 2007年 07月号」/680円
05/22◆「Chara Selection (キャラ セレクション) 2007年 07月号」/560円

05/28◆「Cita Cita (チタチタ) 2007年 07月号」/790円
05/29◆「小説ショコラ 2007年 07月号」/690円
05/29◆「Charade (シャレード) 2007年 07月号」/770円


― 6月中に届くもの ―
04/28◆「drap (ドラ) 2007年 06月号」/790円
05/31◆「drap (ドラ) 2007年 07月号」/790円
05/30◆「花恋 (カレン) 2007年 07月号」/730円
05/30◆「ASUKA CIEL (アスカ シエル) 2007年 07月号」/620円
06/02◆「なかよし 2007年 07月号」/440円

06/04◆「小説花丸 初夏の号」/750円
06/07◆「MAGAZINE BE×BOY (マガジンビーボーイ) 2007年 07月号」/590円
06/11◆「麗人 2007年 07月号」/780円
06/25◆「翡翠のためいき」甘野有記/3150円(森川×宮田)
06/08◆「ファインダーの虜囚」やまねあやの/600円
06/08◆「Comic Magazine LYNX (コミックマガジン リンクス) 2007年 07月号」/630円
06/13◆「The Ruby (ザ・ルビー) VOL.2」/700円

― 7月中に届くもの ―
07/20◆「鬼畜眼鏡」Spray/7880円
07/27◆「ロミオ×ジュリエット 1」5095円



【ヒトコトその1】
「羊でおやすみシリーズ」なるヘンテコなCDを見つけました。
人気声優ペアが羊を数えてくれるだけの内容らしいです。
多少の台詞は入るらしいですけど。
第1弾が石田彰・保志総一朗。
第2弾が諏訪部順一・大川 透。
そして第3弾が遊佐浩二・伊藤健太郎だそうです。
この流れを見るとカワイイ系がまだですね(゚∇^*)
宮田さん、きてほしいなあ・・・。
宮田・岸尾ペアで頼む!

【ヒトコトその2】
クレジットカードのポイントが貯まっていたので、それでBL本一気買いをしました。
せっかくだから普段セレクトしなさそう作品を・・・と思い「春を抱いていた」の新装版を。
つ、ついに春抱きデビューです(。・ω・。)ドキドキ

【ヒトコトその3】
何気なく読んだ山本小鉄子さんの「あしたのきみはここにいない」。
こ、こっ、コレ・・・!
ちょっとなにこれハマったよ!!
原作は崎谷はるひさんかぁ・・・読んだことないんだけれども、もしかしたらすごく好きになっちゃうかも。
小鉄子さんのほんわりした絵と、恐らく崎谷さん特有であろうアノ台詞回しに射抜かれました。
ドラマCDも買う!
7月にでる小説も買う!
とにかくコミックス読んでみて欲しい!フォー!!

【ヒトコトその4】
「是-ZE-」の5巻が来月末に出ますね☆
なんとなく世間的には玄間×氷見カプが一番人気なのかな?という感じなのですが、私は守夜×隆成の方が好みなの・・・。
隆成の荒々しいところが好き!
そしてそれを上回る守夜の傲慢な態度がたまらん。
もうドラマCDに想いを馳せてますよ。

【ヒトコトその5】
リブレの「エロほんv」と「エロとじv」はタイトル通りただのスケベ本。
でも先生たちはそれなりに苦労して書いてらっしゃったご様子ですね~(;´∀`)
BLでの最重要ファクターである「関係性」よりも「エロス」を重視した、ある意味男性向けのようなつくり。
お遊び本って感じでしょうか。

【ヒトコトその6】
ネコミミって・・・アン( *゚д゚)♂

以上!
COMMENT (14) 

バトン強化週間

2007.05.14 *Mon
今回は鈴子さんより頂きました~。
もうすぐ空さんからも濃ゆいバトンが届く予定♪
最近あちこちで同じ記事が一斉にあがるので、微妙におもろいです。


Q1:今付き合っている人はいますか? 
いるけどかなり飽きてきた。

Q2:その人と付き合ってどのくらいですか?
1年半。
最長かも。

Q3:今の恋人と付き合ったきっかけは何ですか?
他は目に入らなかった。
ヒトメボレ。

Q4:この恋人以外の過去にどれくらい恋人いました?
あまりに短期間で乗り換えるので定かではないけども、多分一桁ではすまないと思う。

Q5:一番長く続いた恋人はどれくらいですか?
今現在。
でももういらない。
気持ちは別の方向を向いてるから。

Q6:逆に短かった人はどれくらい?
3ヵ月くらい。
見てくれは派手だったが、全く使えなかった。
即サヨナラ。

Q7:今の恋人を色に例えるなら?
緑。
今はそれすらもウザい。

Q8:思い出があればどうぞ
私の不注意で、綺麗なお顔にキズをつけた事。
出会って1週間も経たない頃だったっけ・・・。

Q9:実は浮気願望ある?
夢中なのは一時だけ。
常に他を羨ましがる傾向あり。

Q10:今の恋人に一言
もうキミいらん。

Q11:バトンをまわす11人
11人て・・・。
お好きにどうぞ~ ヘ(゚∀゚ヘ)
COMMENT (10) 

漢字バトン

2007.05.12 *Sat
またもや空さんからのいただきモノです♪
おおお・・・これすげえ難しいんですけど。
ひとり遊びしてみました。

■好きな漢字を三つ
【杏】 【蒼】 【柊】
爽やかじゃーん☆

■前の人が回した漢字に対して自分が持つイメージは?
【辱】 拘束 
【淫】 ドラッグ
【耽】 森茉莉
・・・趣味嗜好が・・。

■次の人に回す漢字三つ
【舐】 【噛】 【吸】
この3点セットでイってしまえ♪
あ、別に回さなくてもいいですから。

■大切にしたい漢字三つ
【健】 【楽】 【穏】
健やかで楽しく穏やかな人生を送りたいです。

■漢字をどう思う?
たくさん知っていて損はなし。
類語辞典と歳時記辞典は手放せない。

■好きな四字熟語は?
全身全霊

■バトンを回す七人とその人のイメージする漢字
リンクを貼らせていただいたブログ主さまで考えてみました♪
ただ私が書いてみたかっただけなので、次に回すリストではありません~。
※あくまで私の勝手な主観ですのであしからずv

空さん・・・「感」 感性の人。萌えが走り出した時の空さんは、誰にも止められない。
mikuさん・・・「忍」 忍耐の人。最後に勝ちを掴むのはmikuさんみたいな人だと思う。
あいさん・・・「妖」 妖艶えろえろなキャラ・・・が、あいさんのお好みじゃないのかしらと(笑)
okapiさん・・・「鋭」 鋭い人。BLブログ界の切り込み隊長。属性:S。
lucindaさん・・・「叡」 叡智な人。インテリジェンスが文章からどぼどぼ溢れ出てる。
月読さん・・・「語」 語り部な人。その語り口の巧さにについつい目を奪われてしまうにょ。
ひろさん・・・「愛」 愛らしい人。私も見習おうといつも思ってしまう。(怒って机を蹴り上げているようでは一生ムリ)
もとさん・・・「蓄」 含蓄な人。その内に秘めたるものに興味津々。まだまだ面白いものを隠し持っているような気がしている。
富爾子さん・・・「宮」 宮田な人w。だってそれが一番に浮かぶんですもの。裏ワードとして「黒」を進呈いたしましょう( ・ω・)
相沢さん・・・「閃」 閃きの人。どうしてあんなに色んな事を思いつくんだろうかと、いつも感心しきり・・・。
micoたん・・・「笑」 笑いの人。おもろエピソード多すぎ。でも人一倍マジメさんだと言う事も知っている。
鈴子さん・・・「興」 興に満ちた人。内蔵された双方向萌えアンテナで、気になるものは逃さない。


以上です。
すいません・・・色々勝手書きまして・・・。
COMMENT (20) 

妊娠しました

2007.05.10 *Thu
してません!
するもんか!
その可能性をわたしにください!
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!


☆ルール
見たらやる
タイトルを『妊娠しました』or『彼氏が出来ました』に設定する。
地雷バトンです。

▼見たらすぐやるバトン
※見たら必ずやること。今すぐやること。
リンク先のブログ主様は足跡つけた瞬間『みた』と判断されますので要注意!!


■好きなタイプを外見で答えよう!
不潔じゃなければ・・・とりあえず許容範囲内。
背丈は自分と同じくらいが良いです。
高くても175㎝まで。
ごっつぁん系のデヴは嫌。
加齢臭は抑え目にしてほすぃ・・・。

■年上が好き?
年下は面倒ですね。
甘えられすぎると嫌になります。

■財布はどんなの使ってますか?
バーバリーの長財布。
もういい加減おニューにしたい。

■携帯はどんなの使ってますか?
ソフトバンクになってから機種変してないので、これもいい加減おニューにしたいです。
次はフルブラウザ対応機種を狙ってます。

■携帯ストラップは?
はちんこ。

■手帳はもってますか?
携帯にメモるので必要なし。

■バックはどんなの使ってますか?
荷物持ちなので、大きめカバンじゃないと駄目です。
とにかく機能性重視。

■バックの中身は?
【基本】
財布・化粧ポーチ(化粧品以外に薬とかミニふりかけとか入ってます)・社員証・定期券・携帯電話・ハンカチ・BL本・PSP
【たまに】
お菓子・パン・ラーメン・もう1冊BL本

■今はいてるパンツは?
綿100ですね。

■星に何を願う?
お金をください(真剣!)

■好きなスポーツは?
運動オンチです。
あ、水泳だけはそこそこいけますけど、観戦するほど好きなものはありません。
オリンピックなどは一切観ません。

■好きな日
土曜日

■怒ってる時どうする?
強烈に周囲を威嚇する。
机を蹴る。
・・・あ、会社でネ・・・たまにね・・・(*・ω・)

■夏と冬どっちが好き?
どちらかと言えば冬。
本当は冷暖房の要らない季節が好きです。

■最近泣いたのはいつ?なぜ?
先週くらい?
「ロミオの青い空」でアルフレドが死んじゃったシーン。
電車の中だったので必死に持ちこたえたが、あれは泣いたに等しい。

■ベットの下には何がある?
下というか周りに、BL本とBL雑誌とBL同人誌が40冊ほど。

■昨夜何した?
雑誌読んでました。
いっぱいあるので読み返し♪

■好きな車は?
あまり興味ないのですが、車体が低い車は嫌いです。

■好きな花は?
花粉症が酷いので、ちょっと花って苦手です。


以上です。
ちゃんとお勤め果たしましたよ、空さん☆
COMMENT (16) 

雑誌レビュー「花恋」編 ~ 2007年 5月号

2007.05.08 *Tue
これまでなんとなく購入するには至らなかった『花恋』ですが、今回なんとなく読んでみようかなあと思い立ち、特に期待もせず最新号をぱらり。
そしたらば、ややや・・・全体的にモッサリ感(?)はあるものの、いくつか続きの読みたいものもあり、ちょっとハマりそうな絵の作家さんも発見してしまいました。
やはり何でも目を通してみるもんですね。
どこに何が転がっているかわからないので、ぼんやりしてられないですよ、まったくもう ε- (´ー`*) フッ

特に自分の中で目玉作家はいなかった・・・んだけど。
DSC0071504.jpg DSC0071401.jpg



「世紀末☆ダーリン2007」なると真樹
シリーズものの新章らしく、人物相関がいまいち不明。
絵はそんなに好みじゃないけど、嫌いだと言うほどでもないかな。
分からないなりにも続きが読みたくなったのは、メインの千太郎×三四郎が揃ってツンデレだから。
よくよく考えるとツンデレ同士って初めてかも!
受けの三四郎は“~なのだ”とか“~ではないか”と、何故か殿様口調。
ちょっとツボった。

「非常階段で逢いましょう」村上左知
ジュエリーデザイナー×建築士
すご~く絵も好みだし、キャラも魅力的。
この作家さん注目かも!
朋記が自分の性癖を自覚してゆくくだりが、とても印象的で良かったなあ。
もともとネコの安積が初心な朋記を抱いてしまうのか・・・すごく続きが気になる。

無防備受けと言うか、無自覚誘い受けと言うか・・・小動物系?


「愛なんていらない」七瀬かい
極道モノの最終回。
跡目争いに巻き込まれないために、女装して女の振りをしている受け。
・・・む、無理だろ・・・バレるだろ。

「萌えの死角」今市子
ショートエッセイ4P。
先生の飼っている文鳥(12才)がヘルニアになったそうです。

「BROKEN CAGE」葵二葉/紅三葉
定番の借金のカタに売り飛ばされましたストーリー。
なんというか濡れ場にちょっと色気が少ないような・・・。

「同棲性活」瀧ハジメ
家事能力ゼロの受けにベタ惚れの、家事も仕事もデキる攻め。
そんでもってちょっと受けが引け目を感じはじめて、俺も彼の為にがんばっちゃうぜ!というお話。
まあよく見ますけど。
絵がもう少し好みなら良かったかも。
受けのダメっぷりは嫌いじゃなかったです。

「らぶウォーズ」かんべあきら/story 島みのり
「男だらけのアットホーム・ラブコメ」というあおりでした。
つことは、家庭内フォモなんですね。
それは別に構わないけれども、かんべさんの絵がちょっぴり苦手かも・・・。
全員前髪が長すぎると思います。
目が悪くなりますよ。

「センセイの口説き方。」かゆまみむ
事務員×教師
生徒が働いているという情報があり、ホストクラブへ偵察に行った教師の新堂が、そこのホストである久川にパックリ喰われちゃうところから始まるお話。
久川はホストを辞め、学校の事務員にまでなって新堂に近づくんだけども、その辺りはまあBLファンタジーかな。
先生の方がダメだと言いながら、完全に期待した顔してるんだけど淫乱ちゃんなんでしょうか?
けっこう好きかも、この先がたのちみ。

「好きだけどっ!」神崎貴至
私立の高校生カップル。
内部生×外部生。
絵がザツい!なんて思いつつ読んでいたけど、結構ハマった。
キス描写が上手いの色っぽいの。
口元がえろいのよ。
攻めは王様、受けはツンデレ。

「俺たちはここで恋をする」日輪早夜
連載ものの7回目。
さっぱりストーリーは解らないんだけれども・・・どうも受けの水生は過去の時代にタイムスリップしているみたい。
そこで仏様扱いされて、お殿様である鷹景の寵愛を受けてる感じ。
現在に戻りたいけど、いつの間にか鷹景のことを愛しちゃった離れられないというところか。
あ、これって「王家の紋章」じゃないか!
作者の日輪早夜さんはCJ Michalskiさんの相方なので好き。

「お前がライバル!」千代古レイト
リーマン同士(業種不明)
読みきり32P。
新人さんなので絵もお話もそこそこ。
ただ攻め受けに関して、どっちがどっちなの?とそこだけ気になりました。
眼鏡が攻めていたらビックリです。
体格的には小さいくせに、やけに積極的だったなあ。
どうなんだろ・・・。

「ロマンス・コンシェルジュ」九州男児
地味男×超エリート
相変わらずの傲慢キャラ揃い。
地味男が気付くとカッコ良くなっていた!
なぜあのシンプル絵が色っぽく感じるんだろう・・・不思議。
早くコミックス化してほしいです。
COMMENT (10) 

ステキリンク Ver.1.00

2007.05.06 *Sun
今更ながらなのですが、私が頻繁にやり取りをさせていただいてるBL系ブログさまのリンク集を作成しましたので、どどんとご紹介。
みなさんそれぞれのコンテンツには特色があり、内容もすご~く充実してますよ。
ええとですね、ぶっちゃけ濃い!
そして熱い!
とにかくオモロイ人多い!(ココ重要)

オモロイと言えば、ブログ運営はされてないんだけどもいつもコメントをくださる面々・・・この方たちも実は非常に注目なのです。
もしブログを開設された際にはお教えくださいね~。
日参しますよ。

つことで。
サイト・コメント共にいつも楽しませてもらってます。
みなさま今後ともよろ~♪


※キャプチャ・サイト・内容は随時、入れ替え・追加・加筆修正します




30半ばにしてやおいにハマる


私と同じ時期にBLにハマったlucindaさんのブログ。
非常に理知的な文章で冷静にBLを分析されてます。
と言ってお堅いのかと思えばとんでもない!
素敵な先輩方やお友達のディープな日常話に、たまに飛び出す熱いお買い物日記などなど、いつもニンマリさせられっぱなしです。
しっかりと働く男たちが好みなのは私と同じ♪
こちらで紹介されていたものに、よく萌えツボをぐさぐさと刺されております。



blue in blue


lucindaさんちで知り合った絵描きなもとさんのブログ。
男の子だけではなく女の子絵もよくアップされており、これまた色っぽかったり儚げだったり淫靡だったりして、とっても素敵なのです♪
そして絵だけじゃなくて字もしっかりなので、日常日記とBL語りが入り乱れてこれまた読み応えありなのです。
ワタクシ過去ログを探っていたら妙にハマってしまいましたよ。
実は絵と字の両方が上手い人には出会ったことがないので、いつもすげ~と思いながら読ませていただいてます。



BL本の日記


お仕事+大学院という二足のわらじをはきながらも、えらい勢いで新作レビューがあがりまくる、ある意味すごいmikuさんのブログ。
と言うか、個人的には本当は少し休んでほしいくらいなんですが。
どうもmikuさんのストレスの高さと記事投稿数は比例しているようで、年末からの推移を見ていると・・・(;゜○゜)
紹介作品は多岐に渡り、最近はやや漫画の方が多めでしょうか。
また木原音瀬作品や毎日晴天!シリーズへの愛はたっぷり。
そうかと思えば声優・諏訪部順一さんの握手会へ飛び出していたりと、そのフットワークの軽さには感心させられます。
そして「銀魂」仲間でもあったりします(好きカプ違うけど・・・)



Little Sweets.


声優・緑川光さんを愛するひろさんのブログ。
全体的にBLCD・ゲームなどボイス関連の記事が多めです。
それだけに声に関する拘りには並々ならぬものを感じます。
アホの一つ覚えのような「宮田さんカワイイ♪」で全てを終わらせている私の記事とは違い、BLCDについてはストーリー・声・おすすめ(もしくは雑感)に分けて、しっかりみっちり書き込んでらっしゃいます。
それと私がこちらのサイトにお邪魔する理由は・・・実はひろさん目当て(〃∇〃)テヘ
いやもちろん記事やコメントのやりとりでしかそれを知る術はないのですが、文章って結構人となりが出るものだと思うので、きっとひろさんはほんわかさんなんだと想像してます。
サイドバー下にある「日常フォトログ」も必見です。



Moon stone


美麗な絵ををこよなく愛する空さんのブログ。
腐女子としては大先輩なだけあり、趣味・嗜好は確立されブレることなく一貫性があります。
私も美しい絵が大好きなので、こちらで紹介される漫画たちにはすご~く心惹かれるものが多いです(*・ω・)
また最近は「地球へ・・・」のジョミーくんにえらハマりの日々らしく、目を凝らしてサイト内を見ていると、色んなところで魂の叫び声が・・・。
現在は腐女子を卒業して主腐に昇格されている空さんですが、家族に隠れてこっそりBLを堪能する様が、私にとってはすごく淫靡・・・あいやドキドキしております。
もし家族に見つかった時には、色んな秘密が詰め込まれたクローゼットと共に自爆します、と言い切った空さんが面白すぎて忘れられません。
それなのにあれだけ渋っていたPC版・学園ヘヴンのプレイ日記が、近々エントリーされそうな予感。
空さんが自爆されないことを祈りつつ、今後の展開には注目なのです。



STANCE


お友達micoさんのイラスト中心サイト。
「デジモンセイバーズ」と「プリキュア5」を中心に、えろかわいい絵がいっぱい♪
サイト下メニューのMEMOからはブログへ飛べますので、こちらも必見。
ココナツ好きの方はぜひぜひどうぞなのです。
最近は同人誌制作にも余念がないようで、イベントにもよく参加されてます。
私も陰ながら応援してますよ~。
ご本人はきわめて明るくご陽気な大阪人気質。
色んな意味でおもろい人です。
絵と文でいつも私を和ませてくれますアリガトウ。



そして、帰ってきた。


高永ひなこさんの「恋する暴君」を語るために作られた月読さんのブログ。
ご本人も明言されているけども、こちらのサイトは内容が非常に偏食気味です。
カテゴリリストを見ても暴君・高永ひなこ・木原音瀬が大半を占め、山田ユギ・草間さかえ・菱沢九月がそのあとを追う感じ。
けれどもその偏食っぷりが何ともクセになるというか、一つ一つの記事に対する月読さんの目線や見解が面白いんです。
時には鋭く、時には厳しく、そして時には甘くめろめろ・・・。
絵に対する感覚は私と共通項が多そうで、思わず肯いてしまったことが何度あったことか。
近況としましては葛井美鳥さんに全面降伏したとのことで、大ファン宣言をされてました。
ええ、ええ。私もそうです。
共に堕ちて行きましょうぞ ☆^v(*´Д`)人(´Д`*)v^☆



ボーイズラブ・オタクなあいのひとりごと


声優・櫻井孝宏さんを愛してやまないあいさんのブログ。
特にBLCDに関しては一家言お持ちだろうというくらい、その消化量は新作・旧作を含めてハンパじゃないです。
何を聴こうかと迷ったときには、ぜひ一度アクセスしてみてください♪
傾向的はカワイイ系より、ややエロ濃いめの方がお好みな感じでしょうか(*ノωノ)
その他に小説・漫画もコンスタントにこなしながら、声優イベントや即売会にも精力的に参加されているようで、そのバイタリティにはいつも励まされますです。はい。
しかしてその実態は翻訳家という才女な顔も持つあいさん。
イングリッシュに堪能なそんな貴女に実はメロメロ・・・。



よしながふみのレシピ ~THE RECIPE FOR FUMI YOSHINAGA~


よしながふみさん限定の相沢さんのブログ。
隅から隅までよしなが先生のことしか書かれてません。
なのにネタが尽きないところが淒過ぎ。
その読み込み具合には舌を巻くほどで、自分のよしなが好きって一体なんだったんだろう・・・と自信喪失してしまうくらいの更新スピードなのです。
私もよしながフリークを名乗る以上、もっと先生のことを知るべきだなと、ここを見るたび反省しきり。
またよしなが先生以外の話題は別ブログで公開されております。
こちらは青年誌ジャンルのものが中心の渋めラインナップです。
私も少女漫画よりも少年~青年漫画の方が好みなので、興味深くチェックさせてもらってます。
・・・にしてもすごい更新っぷりだなあと、過去ログを遡りながら思わずホホウとため息が。
新旧各ジャンルを織り交ぜたカテゴリリストを見ているだけで圧巻です(*^ー゚)



備忘録


この春から書店店員になられた、木原さん仲間でもあるokapiさんのブログ。
木原音瀬さんに関しては、他のものの追随を許さないマニアっぷりを展開されてます。
(裏ブログ参照)
また年上ツンデレ受けが大好物で、かなりのオヤジもOKなツワモノ管理人さま。
最近はお疲れ気味なのか大和名瀬さん・CJ Michalskiさん・星野リリィさんなどのカワイイ系や花嫁・新妻系にも積極的に進出中。
ご本人はショタ無理!と頑なですけども、実はけっこうイケるんじゃ・・・(´∇`)
ちっちゃいのからオヤジまで、非常に振り幅の広い嗜好をお持ちのokapiさんです。



鈴屋別館日記


漫画にアニメにBLに、そしてカワイイものとオシャレなもので埋め尽くされた鈴子さんのブログ。
このごたまぜ感は非常に私と近いものが・・・(;´∀`)
誰がなんと言おうが好きなものは好き!という腐のパワーが画面からあふれ出ていて、アクセスする度に癒されてます。
現在は特に「プリキュア5」のココとナッツにご執心。
コミックスはもちろんの事、BL系雑誌もかなり購入されてますので、私としては感想を共有できる貴重なサイト様です。
オープンマインドな鈴子さんに甘えて、いつもアホみたいなコメントで書き逃げしてますスミマセン~。



嗚呼・・ベーコンレタスな日々


ミヤタスキー富爾子さんのブログ。
声優・宮田幸季さんへの愛はもちろんのこと、その他の漫画・小説・ゲームレビューに関しても、おおっ結構カブってる♪なんて思い、勝手に親近感を持ってました。
大和名瀬さん・榎田尤利さん・木原音瀬さんなどご贔屓の方もぜひぜひ。
宮田さんに対して『男は顔じゃないのよ!ハートとソウルよ!! 』と言い切る富爾子さんは、恐らくかなり(精神的に)オトナな方だと推測いたします(。・ω・。)
最近はやわらかい文体の裏に隠れた、ブラック富爾子さんを発見するのが密やかな楽しみだったりします。

COMMENT (26) 

雑誌レビュー「花音」編 ~ 2006年8月号

2007.05.04 *Fri
たまりにたまった雑誌たち。
こりゃいい加減何かしらメモっておかないと、良いモノも忘れて見逃してしまうぞ!と、重い腰を上げました。
初めは雑誌ごとに一括レビューしようかと思ったのですが、そうするととんでもない長さになることに気付き、結局1冊ずつ・・・先は長いな・・・しかも半年以上前の掲載誌なんて、もうコミックス出てんじゃないか?・・・時期遅れもいいとこだよチッ・・・などとぐるぐる考えつつ、とりあえずヒトリゴトのようにメモってみますよ(・A・)
遠くからそっと見守ってやってくらさい。

夏だねえ・・・去年の雑誌だもの・・・。
DSC0071201.jpg DSC0071301.jpg



「ワルイコトシタイ」桜賀めい
優等生×不良
と言っても、優等生の帝(みかど)の方がすごい強引攻めでいけずキャラ。
一方不良の永遠(とわ)は煙草も吸えない見掛け倒しの素直な子でした。
学園モノ王道。
絵はまあまあ好きかな。
永遠の兄ちゃんズがいいキャラ。

「気分は上々!」天王寺ミオ
アパートのオーナー×雇われ管理人
ありがちな住人全員フォモパターンか。
わりとあっさり両想いだったけど、単純で読みやすい。
管理人の真樹(まさき)はちょっと乙女すぎるぞ。
他の住人のストーリーもきっとあるよね、その点はけっこう楽しみかも。

「たとえ囚われの恋でも」CJ Michalski
仇モノ?
3回目から。
両親を陥れた憎き男・蘇芳の孫で後継者でもある穂澄を監禁し、陵辱することで父と母の無念を晴らそうとしている神崎。
いつものごとく受けちゃんと攻めさまの顔はいっしょ。
しかもこんなベタ展開・・・好きだ!
CJさんってやっぱりこういうのがしっくりくるなあ。

「夏祭り」永住香乃
中学生カップル?
小学生・・・ではないよね。
と思っていたら高校生カップルでしたよ、ショタくせー。
読みきり16P。
夏祭りの夜に公園の茂みでお初エッチに励むふたり。
なんか意外と色気がある絵で、好きかもねーと思った。

「お好きに攻めて」かぶとまる蝶子
社長×御曹司社長
すげえ大股開きだ・・・。
これモザイクの意味ってあるんだろうか。
バカップルなお話でした。

「俺の胸で咲け」藤川るり
カリスマフラワーアーチスト×華道家御曹司
自分の花に自信の持てない御曹司の楓を、なぜかベッドの上でレッスンする氷川。
そこはなんでやねんと問い詰めたい。
氷川のドアップが超絶な男前になる時がたまにあるので、ついつい目が離せない。
お話自体は普通。

「あいしてベイビー」わたなべあじあ
教育実習生×生徒
短期連載の最終回。
わたなべセンセイは相変わらずポルノだのーと思った。
受けはちんこのついた女の子だネ。

「スイーツ・ラビリンス」月河ユウヒ
カフェ店長×店員
読みきり24P。
全体的にかわいい絵柄なんだけど、ちょっと少女漫画風味?かも。
受けの顔丸すぎ。
ぽちゃぽちゃ。
COMMENT (4) 

よりぬき学園ヘヴン ~ 九州男児

2007.05.02 *Wed
今年はお休みが細切れなので、長期休暇のGWという感じがしませんね。
でも5月病にならないので、それはそれで良いのかも。
つかね・・・それ以前にかなり疲れてるんで、別の病になりそうですよ。
そんな時の1冊がこちら。
よくわからずにタイトル買いした九州男児さんです♪

い、意外と絵は特長つかんでますよね。


要はあの『学園ヘヴン』のパロ本でした。
これまでに九州男児さんがあちこちのヘヴンアンソロジーに描いていたものを、今回ひとつにまとめたらしいです。
実は私これを読みながらあいさん・空さん・mikuさん・okapiさんのことが頭に浮かんでました(´∀`∩)
あいさん・空さんチームはヘヴン、mikuさん・okapiさんチームは九州男児さんつながりなんですけどもね。へへ。
私はその中間な立ち位置です。
どちらも中途半端にしか解ってない・・・。
あ、それでも充分楽しめましたよ~☆

いやいや啓太はこんなコトしないから・・・(;´∀`)
DSC0070801.jpg

しかしうろ覚えにしかキャラ設定は頭に入ってませんが・・・こんなに腹黒&小狡くはなかったはずよ、啓太!
いやいやシンナーもタバコも吸わないから!
さすが九州男児さんテイストですよ。ゼイハア
あの天使のような啓太も、こんなことになってしまうのか(笑)
以下、その他のキャライメージ?(九州男児さんヴィジョン)

遠藤 ⇒ 存在自体が微妙・ウサン臭い
成瀬 ⇒ おネエ
篠宮 ⇒ 性衝動をスポーツに昇華している
岩井 ⇒ マン研を兼ねていてBL同人誌を執筆・抑圧された性欲を表現するために絵を描いている
海野先生 ⇒ マッドサイエンティスト
丹羽 ⇒ 女王様の尻にしかれている
七条 ⇒ 中嶋と付き合っていたはずだ

・・・なんだそうですよ、すげーよ言うたもん勝ちじゃないですか。
こ、コレって信用しちゃ駄目なんですよね(;´Д`A ```
そうしながらよく解らないなりにも楽しく読み進めるうちに、私の胸に何か引っかかるものが・・・。
なんだろ、この気持ち。
で、数日経って気がつきましたよ。
なんだかこの啓太ってリアル宮田さんに似てね?
特にぶちゃいく目のコマが(´∇`)アハハ
ちょっぴり腹黒い発言も近い・・・声だって私の中ではいつでも変換可ですし。
そんなアホらしいことを考えつつ、この記事のカテゴリは“宮田幸季”にすべきなのか“漫画”にすべきなのか、しばし真剣に迷っていましたですよ。

目はこんなに大きくないけどもねw
DSC0070903.jpg DSC0071002.jpg
COMMENT (9) 

ブログご案内

乱菊

語ってる人 : 乱菊

njustaway.gifjustaway-gold.gifjustaway-silver.gifjustaway-gold.gifjustaway-darumaotoshi.gif

ある日突然BLに目覚めてしまった初心者腐女子の萌記録。
ただいま腐女子4年生。

レビューは最近b_88_31.gifさんとこで書いてます。
ここではもっぱらニッキとかメモとか覚え書きばかり。
タイトルに偽りありです。
ほんとすいません。


⇒ ☆ 購入 ☆
⇒ ☆ レビュー ☆

※リンクフリーではありません。
また全ての相互リンクをお受けするわけではありません。



BLに目覚めて



カレンダー

04 ≪2007/05≫ 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@



プルダウンリスト



コメントありがとうございます♪



イラッシャイマセ


アクセス中♪



ちょっとええ言葉

砂漠が美しいのは
どこかに井戸を隠しているからなんだよ



アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
(フランスの小説家)



レビュー1000本ノック計画

【258本目】←ちるちるレビューへ

※下記はちるちる未レビュー含む最近読んだ本


乱菊の今読んでる本



ページ内ランキング



早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活



Copyright © モエガタリ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ