10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任と義務

2006.09.05 *Tue
男女の恋愛もので最終的に行き着くところは「結婚」だったり「子供」だったりします。
じゃあBLではどこまで描かれるか、と言うと・・・せいぜい両思いになってハッピーエンドが、恐らく大半の作品の限界かなあという気が。
つか、それ以上の話になると、ファンタジーじゃなくなってしまいますしね。
そのあたりの定石をわりとあっさり無視してるのが、私がよく読んでいる中では木原音瀬さんだったりするのですが、ややもするとリアルすぎて好き嫌いの分かれる作家さんだと思います。

日本では年下が年上の籍に入ることで、いわゆる同性同士の「結婚」となるようなのですが、私からすればこれをあえて描くことは、リアルどころか男女の結婚よりもドラマチックでファンタジーなんじゃあないのかしら、と思ったりしてます。
男女の入籍は愛よりも、その先に続く社会的責任の方が大きく意味を持ちます。
しかし同性同士には、現在の社会では義務も責任もありません。
だから恋愛は(建前上)自由だけれど、それに伴う保障も一切されていないというのが現実です。

木原さんの小説で「縛りつけるのではなくて、僕の持っているもの何もかも全て、残らず君にあげたいから籍に入って欲しい」というような意味合いの表現があったのですが、それを読んだ時に究極のプロポーズやな!と、ちょっとじんわりきてしまいました。
実際のところの事情はよく知らないのですが、少なくとも虚構の中での出来事としては、超絶愛ですよ、絶対。

ああ・・・こんな事ですら感動してるようでは、まだまだほもの泥濘から足抜け出来ませんね。
や、する予定もないんですが。
COMMENT (4) 

COMMENT

乱菊さん、こんばんは!

私もよく考えます。恋愛の究極のとこって結婚かな~と思うんですが、じゃぁ同性愛の場合どうなんだろう・・・と。もちろん結婚だって法律上の制度だし、結婚したからってその愛が上手くいっているかといえばそうばかりでもないとは思いますし。愛の究極なものに形も何もないとは思いますが。

ただやっぱり結婚してないと、極端な話ですが、どちらかが亡くなって財産あげたくてもあげれないし、同じお墓に入れないかもしれない。そのような将来のこと考えるとやっぱり同じ籍に入るのはとても大事なことなのかな~と。そして同性だからこそ、普通の結婚以上に大事なことなのかな~と。

でも木原さんの作品読むまで、私もそこまで深く考えたことありませんでした。あくまで私にとってBL自体がファンタジーみたいな感じだったので。
BLで、こんなリアルなこと考えさせてくれる人がいるとは・・・。
2006/09/06(水) 21:05:04 | URL | miku #- [Edit
こんばんは♪
そうなんですよ、すんごい現実的な話ですが、財産・お墓・葬儀とか・・・やはり親族である方が何かとスムーズなんですよね。
って、私もなんでBLでここまで!って思ってますが(;・∀・)

男女だったら未入籍でも内縁関係というものがある程度認められて、行使できる権利があるのですが、同性同士の同居になると、全くそういったものはナシですからね~。
なかなかシビアだなあと思います。
はっ、またこんなに真剣に・・・。
2006/09/07(木) 22:15:47 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit
すいません。今更、またここにコメントなんですが、今回の木原さんの「檻の外」の全プレ小冊子が、まさにこのテーマだったので、乱菊さんのこの記事を思い出しながら読んでました。
乱菊さってすごい!これも、きっと何かのおぼしめし?
2006/09/23(土) 01:57:28 | URL | miku #- [Edit
いやいや・・・ありがとうございます。
何度でもコメント入れてやってください。
嬉しいですから(笑)

文・絵・映像・音などメディアに関わらず作り手の伝えたいこと、その人の内包している核となる想いというのは、一貫してどの作品にも出てくるんだと思うんです。
私がこの記事を書いたときに読んでいた作品は、10年位前の初期のものなのですが、「人生の全てを投げ打ってでも、どうしてもこの人と添い遂げたい」というのは木原さんがBLを描き続けている原動力というか、理由というか、そういうものではないかな・・・と感じています。
BLに限らず作家さんによっては、自分の中のテーマを描ききってしまい、別の方向へ向いていってしまう場合があり・・・それが残念ながら好みじゃない場合も多々あったりするので、好きな作家さんに関しては新作はいつもドキドキします。
早く「すすきのはら」読みたいです!
2006/09/24(日) 01:18:30 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit

Comment Form


秘密にする
 

ブログご案内

乱菊

語ってる人 : 乱菊

njustaway.gifjustaway-gold.gifjustaway-silver.gifjustaway-gold.gifjustaway-darumaotoshi.gif

ある日突然BLに目覚めてしまった初心者腐女子の萌記録。
ただいま腐女子4年生。

レビューは最近b_88_31.gifさんとこで書いてます。
ここではもっぱらニッキとかメモとか覚え書きばかり。
タイトルに偽りありです。
ほんとすいません。


⇒ ☆ 購入 ☆
⇒ ☆ レビュー ☆

※リンクフリーではありません。
また全ての相互リンクをお受けするわけではありません。



BLに目覚めて



カレンダー

09 ≪2017/10≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@



プルダウンリスト



コメントありがとうございます♪



イラッシャイマセ


アクセス中♪



ちょっとええ言葉

砂漠が美しいのは
どこかに井戸を隠しているからなんだよ



アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
(フランスの小説家)



レビュー1000本ノック計画

【258本目】←ちるちるレビューへ

※下記はちるちる未レビュー含む最近読んだ本


乱菊の今読んでる本



ページ内ランキング



早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活



Copyright © モエガタリ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ