07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すすきのはら ~ 木原音瀬

2006.10.16 *Mon
「檻の外」の応募者全員サービスの小冊子です。
当初の締め切りには不覚にも間に合わずに、自分のいい加減さをちょっと呪っていたのですが、蒼竜社さまのご好意で在庫がなくなるまで発送してくださるとの情報を受け、今度こそは!と慌てて応募しました。
そして先日やっとこ入手・・・しかし予想以上の小ささにびっくりしましたよー。
私の手がでかいのかしらん。

手のひらサイズ?


堂野と喜多川が一緒に暮らし始めてから20年後、ふたりは50代になり、堂野の母親が亡くなったところから物語は始まります。
母の死をきっかけに堂野は、自分たちの年老いた時の事も具体的に考えだし、喜多川に養子縁組の話を持ちかけます。

実は「すすきのはら」が出る前に似たようなテーマの記事をあげたことがあるのですが、その時にmikuさんが入れてくださったコメントの内容が、「すすきのはら」のテーマどんぴしゃりでした。
多分、木原音瀬という人の考える幸せの形というのは、墓の中まで・・・未来永劫にということなんでしょうね。
これまでもそういったニュアンスはそこかしこに表現されてましたし、これから先の作品でも見せてくれるんだろうなあと思うと、ファンとしては非常に嬉しいですね。

僕の籍に入って、死んだ後も堂野の・・・僕のところにおいで
私は気持ちがはやってしまい昼休みに読んでいたのですが、ここで危うくどーーーーっと涙ぐみそうになりました。
勘弁してくださいよ、木原さん・・・。
50代のオジサンたちというだけでもうBLじゃないし、妹には素でドン引きされてるし、本当にボーイズジャンルなんでしょうか、木原作品。
結果的には喜多川をひとりにすることなく、堂野はちゃんと彼を看取ってあげることになります。
檻の最後で堂野が喜多川の死を悲しむよりも、安堵のほうが大きいような感じがしたのも、こういうやり取りがあったからなんですね・・・納得。

箱・檻・番外編と続けて読み返してみたい気もするのですが、まだまだ私は無理そうです。
恐ろしい作品ですよ、まったく(笑)
COMMENT (8) 

COMMENT

ホントに「すすきのはら」の内容読んでびっくりしましたよ!
まさに、乱菊さんがついこないだおっしゃっていたテーマではないですか~!?乱菊さんって予知能力者(笑)?!と(^^)きっと・・・何ですかね?運命?全サに申し込み間に合わなくても、こうやってはからいがあったのも全て運命?!
なんて・・・。

こ~んなに、かわいい小さい冊子、そしておまけの全サ・・・だからと、なにげに読み始めたら、とんでもなかったですね。もう涙ダ~~~~ッ(ToT)みたいな。
おいおいおい・・・これがおまけの番外編か?!みたいな。

私もとてもじゃないけど、まだまだ「箱」「檻」「すすきのはら」通しては読み返せません。こうやって乱菊さんのレビュー読んでても、胸がきりきりします(^^;
2006/10/15(日) 08:27:01 | URL | miku #- [Edit
乱菊さん、おはようございます!

乱菊さんのおかげで、私もこれを手にすることができたので、もう感謝しきれないくらいです。

<『僕の籍に入って、死んだ後も堂野の・・・僕のところにおいで』

今、このセリフ読んだだけで、目がうるうるします。冊子読んだときは、夜だったこともあって涙ぼろぼろでした。ほんとすごいです木原さん。神様のような方だわ。

それにつけても新刊、楽しみですネ☆
2006/10/15(日) 09:56:35 | URL | あい #5ddj7pE2 [Edit
わたしもこの間「すすきのはら」を読み返して一人で泣いてしまいました。草間さんの表紙をみただけでなんだかなつかしく、これが二人の愛の巣だったんだなぁ…とじんわり。木原作品は、恋人になってもそれでハッピーエンド♪だけじゃなく、その次にはその周辺の人たちとのやり取りがからんでくるパターンが多いですよね。以前どこかで、終わった話《雑誌掲載分》に書き下ろしをつけるのが苦手という話しを読んだことがあるので、木原さんの王道パターンなのかもしれません(笑)

しかし、こういう心ニクい人情話しを見事に演出をしてくれるのはBL界でもそんなにいらっしゃらない気がするのです。展開しやすく突飛で特殊な立場の人々~貴公子、王子様、男妾とか、借金のかた、支配とかでなく~をあえて選ばず、普通の日常、普通の人たち(最初の頃の喜多川が「普通」かどうかはわからんが…堂野と出会って成長していった過程にじー…んとする。大人になっても好きな人のために変わっていけるっていう部分。上手く表現できないんだけど)を取り上げる。各人が抱えている心の闇は結構重かったりしますが、そういう内面の話を掘り下げて話しがかけるのはやっぱり木原さんの才能なんだと思う。

私はどちらかというと(自分が)好きになったカプには死ぬまでずっと仲良く暮らしてもらいたいので、木原作品に出会えるまでは本当に何を読んでも不消化でした。BLって所詮若さだけ、奇抜さだけがウリなんだなって思った時期も(今もですが)ありました。木原作品に出会った時に本当に嬉しかったです。そして全く飽きない作家さんです。なかなかここまで書き切ってくれる人っていないですものね~>ジーラブ そして次は何に挑戦してくれるんだろう!!といつもワクワクしてしまいます。

以上…木原教信者okapiでした。
2006/10/15(日) 11:42:57 | URL | okapi #EVikbUfY [Edit
>mikuさん
いやいや・・・ホントにびっくり。
あの時mikuさんと何気なしにやり取りしていた内容が「すすきのはら」のテーマそのものでしたね。
でも木原さんの作品を読んで考えていたことだったので、同じだったのは当然のことだったかもしれないですね。

小冊子が到着し実際に手にしてみて、小さいとは聞いていたけれども、ホントに手のひらサイズだ~とにまにましてました。
でも内容は・・・同じく涙ダ~~~~ッ(ToT)でした。
外だったので、必死に堪えましたが。

こんなことじゃ、まだまだ私たちは読み返せませんね。
来年中には一度くらい通して読んでみたいんですが。
2006/10/15(日) 23:02:17 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit
>あいさん
オークションではすごい高値になっていて、私も仕方なくそれに手を出しかけてました。
そんなところにアノ告知。
思わず書き込んじゃいましたよ♪

ホントお互い手に入れることが出来て良かったですよね~。
今度からはこういう企画があったら、面倒くさがることなく応募します。
郵便局が職場の近くになくて、どうしても億劫になりがちなんですけど・・・。うう。
2006/10/15(日) 23:14:41 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit
>okapiさん
書き下ろしでその後・・・というのが苦手だというエピソードは、私もどこかで読んだ記憶があります。
だからノベルス化がやや遅いんでしょうか、木原作品。
毎回わりと苦しんで書かれているようですが、それはそれで私たちファンとしては、嬉しいですよね。

私も非日常な設定がやや苦手で(まあ割り切ればそれはそれでもOKな時もありますが)、アラブとかお屋敷とか言われると、ちょーっと敷居が高いです。
食わず嫌いしないで色々触れてみたいとは思ってるんですけどね(笑)
私はけっこう何でもイケる方だとは思ってるんですが、どうも設定に拘るみたいです。
木原さんもコメントされていたように「四畳半一間」の小さな世界が大好きです☆
今後は広げていかなきゃ・・・です。
自分への課題!

私はBL小説は木原さんから入ったので、逆に他が読めなくて困ってます。
それでもちょびっとずつですが、他も開拓中なのですが・・・。
こんなにカップルの最後まで描ききってくれる作家さん、かなり稀有な存在ですよね~。
思えば木原さんは最後に出会えばよかったかもです。
そうしたら他の作家さんにも目がいったのですが、初めての人が木原さんなので浮気する気になれませんよっ。

語りだすと、終わんないですよねー。
本当はまだまだ書きたかったりしてます☆
2006/10/15(日) 23:55:25 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit
ごぶさたしてます。

アラブとかお屋敷とか、わたしも今ひとつ、ノリきれなさを感じてしまいます(笑)。夢を見るにはトシを取りすぎているのか…?

それはさておき、「すすきのはら」、わたしもかなりやられました。主人公たちの50代を、リアル、かつ美しく書けるのは、木原さんだけじゃないでしょうか。

ちょっと話題が変わるのですが、よしながふみ作品、読みました!
いきなり、ハマりました。なんとなく、よしなが作品、木原作品と相通ずるような深さを感じるような。

そして、こちらの、9/4のブログをもとに、わたしのブログをアップしました。トラックバックはできなかったので、該当の日にリンクを貼ってます。事後報告ですみません(このコメント欄で、あれこれ言い散らかしていてすみません)。

さて、次は「リベット」を読まなくては…。
2006/10/16(月) 04:32:09 | URL | lucinda #- [Edit
lucindaさん、こちらこそご無沙汰してました~。
読まれましたか「すすきのはら」!
こんなに美しくピュアなおじさんたち・・・やはり木原さんにしか書けないですよー。
そう、夢見る頃はとうに過ぎてます(笑)
こういう世界観じゃないと私ものめり込みにくい体質に。ふふ。

リンクの件、わざわざご連絡すみません~。
なんぼでも貼ってやってくださいませ。
そして・・・よしながさんにおちましたね!きゃー嬉しいっ!
それについては又うかがった時に♪
他にもコメントしたい記事がありますし、後でお邪魔します☆
2006/10/16(月) 08:40:04 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit

Comment Form


秘密にする
 

ブログご案内

乱菊

語ってる人 : 乱菊

njustaway.gifjustaway-gold.gifjustaway-silver.gifjustaway-gold.gifjustaway-darumaotoshi.gif

ある日突然BLに目覚めてしまった初心者腐女子の萌記録。
ただいま腐女子4年生。

レビューは最近b_88_31.gifさんとこで書いてます。
ここではもっぱらニッキとかメモとか覚え書きばかり。
タイトルに偽りありです。
ほんとすいません。


⇒ ☆ 購入 ☆
⇒ ☆ レビュー ☆

※リンクフリーではありません。
また全ての相互リンクをお受けするわけではありません。



BLに目覚めて



カレンダー

06 ≪2017/07≫ 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@



プルダウンリスト



コメントありがとうございます♪



イラッシャイマセ


アクセス中♪



ちょっとええ言葉

砂漠が美しいのは
どこかに井戸を隠しているからなんだよ



アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
(フランスの小説家)



レビュー1000本ノック計画

【258本目】←ちるちるレビューへ

※下記はちるちる未レビュー含む最近読んだ本


乱菊の今読んでる本



ページ内ランキング



早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活



Copyright © モエガタリ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ