08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向こうの縮れた亜鉛の雲へ ~ 菅野彰

2006.12.25 *Mon
最近コミックスにばかり走っていたので、たまには小説をと思い大好きな菅野彰さんをチョイスしてみました。
以前にレビューした短編集「17才」に、同時収録されている「向こうの縮れた亜鉛の雲へ」。
タイトルが独特だなあと思っていたら、宮沢賢治からだったんですね。
やはりこの人って、文学的な雰囲気をまとってらっしゃるわ~。
そして挿絵は坂井久仁江(国枝彩香)さん。
繊細なタッチが大好きで、この方の作品もみっちり読んでみたいと思ってます。

徭は晴天・秀とダブります。


登場人物は弓田英一と、その幼なじみの親戚・弓田徭。
お互い自分の居場所を無くした時に再会し、その後どうしようもなく惹かれあってゆくふたりを描いた物語です。
英一は足を駄目にした陸上選手、そして徭は女生徒と問題を起こし学校を追われた教師です。
菅野さんお得意である、ぐるぐる感いっぱいの叙情的な文章なので、ちょっと苦手な方もいるかもしれませんねー。
ご本人のあとがきにもあるのですが、菅野さんの描く物語にはよく同じテーマや想いが見え隠れしているようです。
その中のひとつに『他人の欲しがるものはわかるのに、自分が欲しているものがわからない人間』というものがあります。
今回だとそれは徭であり、晴天シリーズでは秀に当たります。
もっと他にもいるかもしれませんが、読み込んでいる最中なので現時点では不明。
でもきっと描かれているんだと思います。
彼女の中でこのテーマが昇華されるまで、こういったキャラは毎度のごとく悩み続けるんでしょうね。

普通は『自分が欲するものはわかっても、他人が欲しがっているものはわからない人間』が殆どで、そのわからない同士の他人が、相手を慮りながら生きてゆくのが人と人との繋がりのはず。
でも徭や秀のような人間と付き合うと、自分の痛みは癒されるのに相手の心が全く見えないことに途中で気づいてしまい、結果疑心暗鬼になり別れてゆくパターン。
本人もいくら他人に尽くしても心が癒されないので、他人と深く関わるのを避けたくなってしまう・・・でもまた別の他人の痛みや欲に的確に触れてしまう・・・。
秀が一見、多情に見えたのはそのせいだったのか、と改めて気づきました。

英一も徭に身も心も慰められることで、初めは夢中になってしまうのですが、それが愛情からくるものではないと気づいたときから、彼と距離を置くようになってしまいます。
一方、徭は他人に求められることに疲れを感じ、ただ飼われるような関係を自ら望むようになってしまいます。
英一はその離れた時間の中で、ようやく徭の本質に気づくこととなります。
このお話を読めば読むほど、秀とリンクしている部分が多すぎて、とても新鮮でした。
勇太も秀に対して初めは特別な感情を持っていたはずなんだけども、彼も頭が良い子だったから、次第にその違和感に気づき、そして秀の本当に欲しいものを与えてやれるのは自分ではないと悟ったんだと思います。
全く別のお話で、全く別のキャラなんだけれども、言ってることやってることはまるで同じ。
「幸せというものは、自分の目の前を通り過ぎてゆくものだと思っていた」と言って泣いた秀の言葉がぴったり徭と重なり、非常に興味深く読み進めてしまいました。

うむむ。
これは菅野さんコンプしないといけないですよ。
晴天シリーズを読み解くにあたり、他の作品もとっても参考になりそうですね。
やはりこの作家さん、目が離せないですわ。
COMMENT (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

ブログご案内

乱菊

語ってる人 : 乱菊

njustaway.gifjustaway-gold.gifjustaway-silver.gifjustaway-gold.gifjustaway-darumaotoshi.gif

ある日突然BLに目覚めてしまった初心者腐女子の萌記録。
ただいま腐女子4年生。

レビューは最近b_88_31.gifさんとこで書いてます。
ここではもっぱらニッキとかメモとか覚え書きばかり。
タイトルに偽りありです。
ほんとすいません。


⇒ ☆ 購入 ☆
⇒ ☆ レビュー ☆

※リンクフリーではありません。
また全ての相互リンクをお受けするわけではありません。



BLに目覚めて



カレンダー

07 ≪2017/08≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@



プルダウンリスト



コメントありがとうございます♪



イラッシャイマセ


アクセス中♪



ちょっとええ言葉

砂漠が美しいのは
どこかに井戸を隠しているからなんだよ



アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
(フランスの小説家)



レビュー1000本ノック計画

【258本目】←ちるちるレビューへ

※下記はちるちる未レビュー含む最近読んだ本


乱菊の今読んでる本



ページ内ランキング



早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活



Copyright © モエガタリ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ