08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春残酷物語 ~ 菅野彰

2007.02.28 *Wed
前に読んだ「17才」という短編に出てきた八隅と司馬の10年後のようなお話でした。
もちろん続編ではなく全く別モノなのですが、17才の時に友人以上の気持ちをお互いに抱きながら、心中未遂に至った過去を持つ、そんなふたりが再会する物語です。

【あらすじ転載】
まるで災厄のように、過去からやってきた男。
美大の講師をしながら彫塑をやっている守衛哲朗のもとに、突然現れた男。
―それは、現アイドル俳優、そしてかつての恋人・遊佐晴親だった。
十年前、二人は言葉もかわさず、白い雪の中をただ歩いていた。
戻る意志もないまま…。
一度も肌を重ねたことのない、決して忘れたことのない「恋人」。
だがすっかりノーテンキになった彼は今、殺人犯として追われていて…。

菅野さんといえば・・・挿絵は二宮さんか麻生さんがやっぱりいいかも。


厳密に言うと「17才」とはちょっと違うふたりです。
司馬は八隅に心の闇から救い上げられたけれども、哲朗と晴親の場合は、寸でのところで哲朗の気持ちが及び腰になってしまった事もあり、互いにどうしようもない胸のつかえを感じたまま10年の時を刻むこととなります。
ああ、これって秀と大河のパターンと同じですね。
外の世界を怖がる子供のような潔癖さと、その手を取ってやれなかった後悔。
やはり菅野さんという人は、同じ事を何度も繰り返しモチーフにするんだなあと納得・・・。

ネタバレすると、事務所の社長にナイフを向けたのは社長の甥っ子である有希がやった事でした。
彼もまたその若さゆえの心の潔癖さが高じて、つい感情を高ぶらせてしまった故の行動だったのですが、晴親は有希に過去の自分を見た思いがし、哲朗の元へ行く決心が固まります。
再会した後、互いに気持ちを確かめ合ったふたりを阻むものは何もなく、10年経ったからこそ哲朗は晴親の手をしっかり取って一緒に生きていこうと思えるようになったと言い、晴親は全てを傷つけても哲朗にだけは生きていて欲しかったと言い・・・なんだか菅野ワールドに出てくるヤツらは、いくつであろうが青春真っ只中なんだなあ、コレが。
そういう青さが好きな人間には癖になるのが菅野作品かもです。

そして特筆すべきは哲朗と晴親のいちゃいちゃ具合。
もちろん菅野さんなので朝チュンは基本です。
ええもう、それは清々しすぎて泣けてくるくらいで・・・。
しかしそれ以外は昼間から、べたべたらぶらぶちゅっちゅとやりまくってます。
直接的な濡れ場を読みすぎた後だというのに、非常にドキドキしている自分がいました(笑)
やはり日本人はチラ見せ文化ですよ。
肝心なところは見せないほうがやらしいのだよ!

やはりちょっと古くささはあるかしら・・・。
DSC0061401.jpg

あとがきに書かれていたのですが、菅野さんは彫塑に関わるお仕事をしていたとか。
おお、芸術家だったんですね~。
彼女その感覚に訴えてくるような筆致の理由はそこにあるのかしら。
ハッキリとした結末をもたない、何とも言えないもやもや感・・・それは菅野さん自身が答えを出せないでいるからかもしれないのですが、私はそのぼんやりトーンが大好きだったりします。
最近の激しめBLにゲップが出てきそうな時には、この方の作品は良いかもしれませんね。
胃薬みたいなもんです、私にとっては。
COMMENT (2) 

COMMENT

「17才」は結構エロありですよね。
いや、菅野作品との比較ですが;
家族に嫌気がさして荒くれてた頃の大河を攻めに重ねてみたりしました。
どうでもいいやみたいな一見掴みどころがない受けさん、菅野作品には欠かせないのでしょうか。
しかし、この「青春残酷物語」ってタイトル…絶対シリアスには思えませんが(汗)

朝チュン!えぇ!もう大好きvvv
逆に妄想を掻き立てられますよね~。
何が何でも見てみたい!!と鼻息が荒くなって…来ませんか?( ;´Д`)某カプのように。
がっつりもいいんですけどね~。

菅野さん、芸術家でもあったとは!!多才な方なんですね。
2007/03/02(金) 15:11:43 | URL | 空 #m.2.LkcQ [Edit
>空さん
私も菅野作品を読むときはどうしても大河×秀に置き換えてしまうクセがついてしまってます。
これはもうどうしようもない・・・。
勝手に別作品で晴天の補完をしちゃってますよ~。

空さん、これ読んでみてくださいよ。
おもっきり朝チュンですから!
でもすごい甘いシーンが多いんですよー。
真昼間からちゅうしまくってました。
菅野作品でここまで甘いものは読んだことが無かったので、ほんとドキドキ。
全然激しい描写なんてないんですよね・・・。
お互いに睦言のようにああでもないこうでもないと言いながら、ひたすらべったりでした。
なんか新鮮♪
「17才」は別の意味でドキドキしましたけどもね。
だって菅野作品で喘ぎ声がはいるなんて稀だからっ!
もう目が釘付けになってましたね~。

そして次はエロ激し目の水原さんを読んでます。
もちろん次は菅野さんで(笑)
ちょっとクセになりそな取り合わせです。
2007/03/02(金) 20:08:14 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit

Comment Form


秘密にする
 

ブログご案内

乱菊

語ってる人 : 乱菊

njustaway.gifjustaway-gold.gifjustaway-silver.gifjustaway-gold.gifjustaway-darumaotoshi.gif

ある日突然BLに目覚めてしまった初心者腐女子の萌記録。
ただいま腐女子4年生。

レビューは最近b_88_31.gifさんとこで書いてます。
ここではもっぱらニッキとかメモとか覚え書きばかり。
タイトルに偽りありです。
ほんとすいません。


⇒ ☆ 購入 ☆
⇒ ☆ レビュー ☆

※リンクフリーではありません。
また全ての相互リンクをお受けするわけではありません。



BLに目覚めて



カレンダー

07 ≪2017/08≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@



プルダウンリスト



コメントありがとうございます♪



イラッシャイマセ


アクセス中♪



ちょっとええ言葉

砂漠が美しいのは
どこかに井戸を隠しているからなんだよ



アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
(フランスの小説家)



レビュー1000本ノック計画

【258本目】←ちるちるレビューへ

※下記はちるちる未レビュー含む最近読んだ本


乱菊の今読んでる本



ページ内ランキング



早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活



Copyright © モエガタリ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ