05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「許可証シリーズ」 ~ 烏城あきら

2007.04.18 *Wed
あちらこちらで評判の良い烏城あきらさんの「許可証シリーズ」。
私も遅ればせながら読んでみました。
現在刊行されているものは以下の5冊。

「許可証をください!」
「慰安旅行に連れてって!~許可証をください!2~」
「嵐を呼ぶ台風!?~許可証をください!3~」
「ただいま定修中!~許可証をください!4~」
「君にもわかるISO~許可証をください!5~」

表紙を見てもふたりが対等であるというのがわかります。


あら5冊もいけるかしらなんて思いつつ、通勤途中にちびちび読み進めていたのですが、なんのなんの面白くてあっという間に読了でした。
舞台は中小化学薬品製造業の喜美津化学。
そこで働く製造部の若頭・前原健一郎×品証部(品質保証部)の美人・阿久津弘を中心に、製造現場で起こる様々なトラブルとふたりの恋愛模様が、それはもうしっかりと描きこまれています。

このシリーズ色々とオススメな部分はあるのですが・・・まず言えるのはストーリーが紋切り型であるという事だと思います。

現場で問題が発生 ⇒ それに絡んでふたりが対立 ⇒ でも力を合わせて窮地を脱する ⇒ 幸せエッチ


ほぼこのパターンじゃないでしょうか。
そして発生~対立の合間に流されエッチがあったりもします。
しかしワンパターンって決して悪くはないです。
安定感があって私は結構スキですから(゚∇^*)

そして仕事に関する部分の記述が、とてもお飾りとは言えないくらいしっかりみっちり描かれています。
私は製造業の現場を全く知らないのですが、そうでなくとも組織に属したことのある人間ならば、必ずぶち当たる様々な問題・・・学歴やキャリアに関すること、もしくは部署間でのせめぎあい、また顧客に対する姿勢などなど。
こういったリーマンならではの苦悩や苦労というものが、リアルに描かれてました。
これは沢山の人間の中で働いたことのある方ならば、痛いほど解る感覚ではないでしょうか。
もちろん私も自分に当てはめて、ものすごく共感する部分も多かったです。

巻末にこんなオマケもありました(。・ω・。)ノ
DSC0068802.jpg

で、恋愛部分。
やはりこれが一番注目すべきところです♪
あくまで私の感想なので個人的見解なのですが・・・
読めば読むほどふたりの印象が違っていたことに、私はガンガン引き寄せられてしまったんですねぇ。
それは強引で余裕たっぷりの攻めかと思った前原が、意外といつも余裕なくてハァハァ言ってるところや、流されてやられっぱなしかと思っていた弘が、これまた意外と前原を誘うわ煽るわで積極的だったことです(〃∇〃)
このキャラ展開は非常~っに興味深かったです。
読み進めていると・・・前原より弘の方が照れ屋でクール、弘より前原のほうが甘えんぼで激情家でした。
仕事っぷりも併せて考えると、もうそりゃ意外。
普段は上からも下からも信頼されて落ち着き払っている前原と、「品証のべっぴんさん」なんて言われて遊ばれている弘ですからね・・・。

それと一番印象深かったのが、弘が仕事と恋愛の線引きに悩んでいた点です。
親密にする事と馴れ合う事の違いをここまで真剣に考えるのは、やはり「男」ならではの反応だなと。
どこまでいっても職業人でありたいという、それは女性とは違う感覚だと思います。
だから抱かれることへの苦悩ではなく、仕事に対する責任とプライドを、前原と付き合いながらどこまで保てるのかという、そういった思考って男性だなあ・・・と感じると同時に、それを理解していた烏城さんに脱帽だったんですが(*・ω・)
男女ものなら成立しない物語ですよね、きっと。

なのでこのシリーズ、ぜひ働く女性に読んでいただきたいなあと思います。
すごく共感できる部分が多いですから。
あ、もちろんエロもしっかりですよ♪
表現的に下品でないくせに、ごっつえろいんです。
しかしまあ、あんなに早い攻めも珍しいし、あれだけ天然に誘う受けも久しぶりに見ました。
読みながら、あら前原って早漏なの?と思ったことはナイショですよ☆

許可証しおり使用中(すごい好きやん)
DSC0068901.jpg
COMMENT (10) 

COMMENT

あああああ、わたしが文章で表現できなかった感想がここにある!
そんな感じです。さすが乱菊さん。
「ストーリーが紋切り型」というのは、初めて、「本当だっ!」と気づきました。そう言われれば、たしかにそうですねー。
このシリーズは、やっぱり、ものすごいリアルな仕事風景描写があるからこそ、弘と前原の関係が際立つのだと思います。
攻めの前原の余裕のなさそうな描写、けっこうイイでしょう?(笑)
Charadeも読んで、ますます続刊が楽しみなシリーズです。
でも終わるのも惜しい感じ……
2007/04/19(木) 00:17:56 | URL | lucinda #- [Edit
待ってました~(・∀・)ノ
乱菊さんの許可証~レビューだ~!

>これは沢山の人間の中で働いたことのある方ならば、痛いほど解る感覚ではないでしょうか。
もちろん私も自分に当てはめて、ものすごく共感する部分も多かったです。

あぁ分かります。私も「あぁそうなのよ~」って仕事の部分で妙に納得して、しかも弘の奮闘に「あぁそんな方法もあったか」とかいつの間にか自己啓発書的に読んでる自分がいたり(^^;

あとやっぱり最大の醍醐味は
>仕事に対する責任とプライドを、前原と付き合いながらどこまで保てるのかという、そういった思考って男性だなあ・・・

ですよねぇ。これぞBLの醍醐味って気がします!相手が女性でも成り立つようなBLは嫌なんですが、こんなBLだからこそ表現できることをがっつり書かれる烏城さんは本当にすごいな~って思います。BL界も捨てたもんじゃないな~と・・・。
しかも乱菊さんおっしゃる通り、紋切り型の同じパターンで5冊続いても全然飽きないのは、毎回同じパターンでも2人とも仕事においても恋愛においても成長しているから、それを見守るのが楽しいからでしょうか。

エロもがっつり楽しませてくれますよねぇ~(*´▽`*)
前原は弘に嫉妬しちゃうくらい、私好きな男です~(は、早いなんて・・・そんな・・・いや確かに・・・ゴニョゴニョ)!
2007/04/19(木) 07:01:54 | URL | miku #- [Edit
乱菊さんもとうとう読まれたんですね~!
あいは相変わらず出遅れてますが(シリーズものって大変なんだもの・・・)乱菊さんの絶賛っぷりを読んで、これはやはり読み!でしょうと。

<このシリーズ、ぜひ働く女性に読んでいただきたいなあと思います。 すごく共感できる部分が多いですから。

今、仕事仕事の人生を送っているので(苦笑)、めちゃめちゃ共感するところが多そうです。今度の萌えツアーで探してきますvv
2007/04/19(木) 23:27:58 | URL | あい #5ddj7pE2 [Edit
いつか読みたいのリストに入ってるヤツなんだけど、次できっと買う辺りまで上昇しましたよ、今!
そういうの好きだ~ってのてんこ盛りだな。
早くこの感想を「へぇ~、そうなんだ~」じゃなく、「ああ、そうなんだよね~!」という感じで読みたいなぁ
2007/04/20(金) 00:09:50 | URL | もと #4pDgvQA2 [Edit
>lucindaさん
こうなんつか水戸黄門的なお決まり展開って感じですよねえ。
そろそろケンカかしら(笑)なんて思いつつ、読んでましたよ。
でもそんなテンプレートなんて気にならないくらい、実にこのシリーズは「お仕事」というものが、しっかりと書きこまれてましたよねえ。
仕事の内容もそうですが、働いたことがなければ絶対に分からないであろう人間同士の駆け引きなども、私は“そうそう!”とうなずきながら読んでましたよ。

そして前原の印象がだんだん変わっていったのも、自分的にはおもしろかったです。
普通、攻めってあまり「攻め」られないもんですよねえ。
なのに弘に触れられるだけで一気に上りつめてしまうところが、ホントかわいいなあと。
『senseito』の有働もだけど、早いんじゃないんですよねきっと(いやまあ早いんだけど)。
相手のことが好き過ぎて、過剰反応するんですよねウンウン・・・そんな妄想を馳せながら、最近はヘタレワンコもちょっといいなあと思ってます。
前原はヘタレと言うよりも、体はデカいが中身はお子様って感じでしょうか。
余裕なくて「くそっ!」って悪態ついてるシーンが萌えなのれす。えへ
2007/04/20(金) 12:40:48 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit
ひえ~
もっと前に読み始めたはずなのに、気がついたら2巻で座礁したまま他の人にどんどん追い抜かれております。だって~~~読み始めたら~~~先に進むのが~~~もったいなくなっちゃって~~~、続きは読めなくなっちゃったんですぅ~~~。てか~~~本誌で次シリーズ開始ですか~~~orz

あれ、前原って◎漏疑惑があったんですか…??
私はあれが殿方の普通なのかと(爆)

前原は、無自覚誘い受けの弘にメロメロメロンなんですよ~~(゚ ε゚ ;)~♪
2007/04/20(金) 22:11:15 | URL | okapi #EVikbUfY [Edit
>mikuさん
皆様のレビューに惹かれてついに読んじゃいました♪
こういうのを読むと、ホントBLも捨てたもんじゃないなあと思いますよね。
あまりに詳細なお仕事描写なので、正直ビックリしてました。
言うならばここまで書く必要のないものですもんねえ。
下手したら大失敗のつまんない作品になることは間違いないのに・・・。
なのにそれがシリーズの世界観に厚みをつけて、全然邪魔になってない。
製造業の厳しさをこの小説で知りました。
いやもう社会見学した気分ですよ(笑)

あ、私の勝手な「前原早漏疑惑説」が波紋を・・・(;´∀`)
私の気のせい?かもね、いやそうよそうなのよ!
そういうことにしておきましょうか。ふふ
2007/04/20(金) 23:36:35 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit
>あいさん
ぜひぜひ読んでみてください♪
私も初めはガテン系?工場?なんて思ってましたが、すごーくお仕事部分もおもしろく読めますよ。
それに濡れ場はけっこう濃い目だと思います(ここ重要!)
受けがすっごく誘ってます。
超天然に誘ってます。
なので攻めが必要以上に興奮してしまい、激しくされてしまうのれす~(ノω`*)ノ" ンフフフフッ
で、それに本人は全く気付いてなくて、常に喘がされている状態です☆
早く読んでみてくださ~い。
2007/04/20(金) 23:52:11 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit
>もとさん
これホント読み応えありますよ!
こうリーマンものというか、社会人ものというのは、どうしてもお仕事風景が避けて通れないわけですが、キミほんまに働いたことあんの?!というような描写をされてしまうと、ラブに辿り着く以前に私は冷めてしまうところもあったので、このシリーズはなかなか感心させられましたよ。
と言って、メインのふたりのラブがイマイチかと言えば、そんなことはなくほんとにガッツリ(。・ω・。)ノ

もとさんが「ああ、そうなんだよね~!」という感想を持ってくだされば良いのですが☆
2007/04/21(土) 21:08:01 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit
>okapiさん
ごごごごめんなさい~。
前原ファンに叱られる~!
あれは私が勝手に言うてるだけです。
いやなんかそんな気がしたんですよう(弱気)
だってだってだって。
だってですね。
潤滑油の代わりに受けの出したモノを・・・ってのはよくありますけども、前原のでやっちゃうのを読んだ時に、うわめずらしー!受けより先にってビ・ン・カ・ンさん☆とか思ってしまって(アフォ)。
okapiさんもぜひ5冊目まで読んでみてくださいませ~。
2007/04/21(土) 22:13:36 | URL | 乱菊 #pMXl.iIs [Edit

Comment Form


秘密にする
 

ブログご案内

乱菊

語ってる人 : 乱菊

njustaway.gifjustaway-gold.gifjustaway-silver.gifjustaway-gold.gifjustaway-darumaotoshi.gif

ある日突然BLに目覚めてしまった初心者腐女子の萌記録。
ただいま腐女子4年生。

レビューは最近b_88_31.gifさんとこで書いてます。
ここではもっぱらニッキとかメモとか覚え書きばかり。
タイトルに偽りありです。
ほんとすいません。


⇒ ☆ 購入 ☆
⇒ ☆ レビュー ☆

※リンクフリーではありません。
また全ての相互リンクをお受けするわけではありません。



BLに目覚めて



カレンダー

04 ≪2017/05≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@



プルダウンリスト



コメントありがとうございます♪



イラッシャイマセ


アクセス中♪



ちょっとええ言葉

砂漠が美しいのは
どこかに井戸を隠しているからなんだよ



アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
(フランスの小説家)



レビュー1000本ノック計画

【258本目】←ちるちるレビューへ

※下記はちるちる未レビュー含む最近読んだ本


乱菊の今読んでる本



ページ内ランキング



早起き生活

早起き生活
Powered by 早起き生活



Copyright © モエガタリ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ